※Overhumanのネタバレあり

いよいよこの時が来ました……と言っても今日の更新で完結なので実はまだ完結していないわけですが、もう完結したことにしてしまって良いでしょう。
予約投稿も終えましたし。
本編より先に近況ノートを見る人は稀だと思うのですが、一応ネタバレ注意としておきます。
まあ大したネタバレにはならないかもしれませんが。

投稿開始から半年ちょっとでの完結となりました。
概ね予定どおりですが、話数は少し増えてしまいました。
連載中に全然読まれなかったらどうしようとか色々心配もしましたが、大人気とは言えなくとも、多くの方に読んでいただけて嬉しかったです。
特に毎話ハートで応援していただいた方には大変元気づけられました。
全く何の反応も無かったら挫けていたかもしれません。
ありがとうございます。
こうして無事完結させることができました。
近況ノートを見返してみると、初期の落ち着きの無さがちょっと恥ずかしいですね。

以下Overhumanに関してあれこれ。
以前近況ノートに書いたように、このお話は高校生ぐらいの時に考えていたものです。
妄想だけのものから、それを形にした、不肖私の初めての小説になります。
しかしながら、思い入れはさほどでもありませんでした。
一時期は完全に存在を忘れていた程ですから。
裏設定とか色々考えたんですけど、当初は書き切れたことに満足して終わりでした。
その後に少しずつ趣味的に一人で物を書くことを始めるようになって、今に至ります。
旧題はAGだのDivergenceだのと変遷していますが、これらのタイトルに深い意味はありません。
元々の主人公はマスターTでした。
OverhumanではA・ファーレンハイトが主人公ですが、マスターTが裏の主人公という扱いです。
あれこれタグを付け替えても、「女主人公」のタグを付けなかったのはそういうわけです。
お話の流れを追っても、物語の中で重要な位置にいるのはマスターTで、A・ファーレンハイトは傍観者というかサブキャラ的な立ち位置です。
この主人公に関しては複雑な経緯を辿っていまして、マスターT(最初期)からマスターTの部下の少女(プロト版)、A・ルクス(プロトセカンド版)と変化しました。
最初期版はプロットだけで、プロト版は最初に書いた小説、プロトセカンド版はそのリライトです。
Overhumanはリライトのリライト。
何で一回リライトしたのかと言うと、プロト版が消えてしまったからです。
しょうがなく完結のために書き直したのが、プロトセカンド版になります。
プロトセカンド版はどちらかというとA・ルクス主軸の群像劇でした。
主人公が変わっていった理由は同じ話をそのままリライトしてもつまらないというのもありましたが、最強主人公がウジウジ悩んで自滅する話なんか客観的に見てムカつくだけで面白くないだろと思ったことが大きいです。

本編中で語られなかったことは物語の主軸から外れるので不要だと思いバッサリ切り捨てました。
リライトに当たって心がけた事は「平易な言葉を選ぶ」ことと「文章表現の技巧に凝らない」ことです。
その割には「ゾンデ(観測気球)」とか、「RC造(強化コンクリート造)」とか噛み砕かれていない部分も残ってしまっていますが……。
作中で触れられていないことでも設定は作ってありますが、全部語るスペースはないので、いくつか重要なものだけ。
まず作中の世界は「現実のパラレルワールドの近未来」です。
冷戦から各国が和解したというか、多くの国がお互いに関係改善に動いたというか、そんな感じの世界です。
短い平和の中で人種の融和も少し進んでいます。
作中で登場するギミックに関しては、衝撃を分散する戦闘服に、ケースレスの銃弾と、言及していないだけで超技術が使われています。
多機能グラスもそうですね。
技術力は高いけれど、それを十分に活かせるだけの資源がない世界です。
石油や石炭が希少なので船や自動車は大容量のバッテリーで動いています。
Ing(インゴット)はお金の単位で金属の現物。
1Ing=1500円ぐらいです。
A国とかB国とかC国とかありますが、実在の国とは一切関係ありません。
思いついた順にA、B、Cと付けて、あんまり増やしすぎても整理に困るのでJまでの10国にしました。
モデルはあるのですが、複数の国の特徴を合体させたりして、環境も体制も現実とは違う架空のものです。
キャラクターの背景とかプロト版での設定は次の機会に。


今後の予定ですが、数か月は新作を投稿せずに書き溜めることになります。
そして書き上がった時点で投稿します。
いずれにせよOverhumanのような200話近い長編にはならないと思います。