深月 香映さんが採用している閉店営業システム。どう言うものかと言うと、基本的には完結で、ネタを思いついた時だけ更新と言うもの。この仕組み、いいですよね。私も短編集とかはこの方式にしようかなと思います。

 例え短編集だとしても、定期的にお話を思いつくなら別に執筆中表記でもいいと思うんですよ。ただ、しっかりプロットを組んでいない場合、思いつくのにばらつきがあるじゃないですか。思いつく時は思いつくけど、そうじゃない時は全然思いつけないのなら、ずっと執筆中のままにしておくのも違うかなって。

 少し前まではいつか新作を思いつくかもだから、そう言う場合に備えて執筆中にしておくべきだって思っていたんです。でもそれって何か違うなって思って。
 長編設定の作品は途中で更新が止まったからって安易に完結扱いには出来ませんけど、短編集とかエッセイならね。この閉店営業中って形が一番しっくり来るかなって。

 と言う訳で、このノートを公開後に早速そのようにしたいと思います。深月 香映さん、素晴らしい仕組みを思いついてくださり有難うございます。今から真似、しちゃいますねっ。

2件のコメント

  • あ、ご利用ありがとうございます(笑)
    同じようなこと考える人が!って思ったら、にゃべ♪さんだった。

    完結⇄連載の切り替えのちょっと面倒くささはありますが、更新の圧に比べたら可愛いものです(笑)ただ、個人的な感覚ですけど、フォロワーさん以外には気づかれにくいのかなと。フォロワーさんじゃなく通りすがり人だと、公開中のエピソードまで読んで、あとは「完結かぁ」と思われて更新してもそれ以降は気づかれないと言う可能性が f^_^; と言うことだけお伝えします。

  • 深月 香映さん こんばんは☆彡

    はい、あたくしでした。勿論連載のペースが止まってしまってもう書かない気がするけど、もしかしたら何か思いつくかもしれないしな~って作品にのみ、このシステムを使う予定です。だから最初からフォロワーさん用ですね。これから有り難く使わせて頂きます。有難うございます!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン