ある方の作品を読んでいて、作品を削除する理由のひとつが分かりました。今まで作者が作品を削除する理由として分かっていたのは①作品が低評価②別の場所で発表するからなどがあったのですが、どうやら他にもあったようです。

 ズバリ、それは恥ずかしくなったから。

 例えば3日徹夜して書いた歌詞、4日目に見て駄目だこりゃ。じゃないですけど、創作論を読んだり、作品をたくさん読んだりして表現を磨いて質の高い作品が書けるようになるとしますよね。そうなると以前の作品が稚拙に感じられるじゃないですか。それで恥ずかしくなって消しちゃう人がいるっぽいです。

 やる気のある人なら、そこで作品を改稿して今のレベルに過去作をレベルアップさせるのですが、全ての人がそう出来る訳じゃないですからね。
 表現を引き上げるくらいならともかく、テーマの選び方、キャラの行動原理、構成、過去作の何もかもがあかんと思ってしまったなら、そりゃ削除もやむなしかなあと。

 人気がなかったり、エタってしまったから削除すると言うのは個人的に勿体ないと思うんですけど、恥ずかしくなった削除は何か許せます。それはしゃーないかなあ……。

 ちなみに私は作品を削除するつもりはありません。公開した作品はすべて愛着があるからです。
 でも今後その作品を恥ずかしく感じちゃったら削除したりするのかも(汗)。

3件のコメント

  • 恥ずかしいからが理由なら、ヨムさんも仕方ないなって思っちゃいそうですね(笑)
    今までの削除の理由は、私の場合は書けなくなったのが理由でした。葬いみたいな気持ちでその設定と内容少しを使って一つ作品を書きました(^^;; 削除、すごく勇気が要りました。しなくて済むならそれに越したことはないですよね〜。

  • にゃべ様
    こんばんは!

    私も昔の作品は恥ずかしいので削除したい! と思ってしまいます。
    ですが、作家デビューでもしない限りは公開したままにするようにしてます。
    読者の傾向を知るためにも、いいかと思いまして。

    また、一度公開した作品は改稿しないですね。
    それはゼロから書いた方が整合性がとれていたりするのです。
    下手に改稿すると、その時書いていた気持ちとのずれが生じ、おかしなことになってしまいます。
    ですので、全部消して一から作り直てしまうか。あるいは、公開したまま放置することになりますね。

    ほぼ勢いで書いているところも多いので。

    ではでは。

  • 小鳥遊 ちよりさん こんばんは☆彡

    その作品を読んで応援してくれていた人がいたら申し訳ない気持ちになると思いますけど、その人達も削除理由に納得してくれたならいいですよね。
    作品を削除するのは作品に愛着があるほど精神的にハードルが高くなりますよね。自分の子供をなかった事にするようなものですから削除はしないに越した事はないと思います。
    しっかり思いを込めてサヨナラしたのなら作品も納得してくれたんじゃないかな。

    夕日 ゆうやさん こんばんは☆彡

    やっぱり技術の未熟な時代の作品って恥ずかしいものですよね。それでも削除しないと言う考え、共感します。
    改稿にもまた色んな考え方がありますね。確かに物語の流れを変えてしまうと整合性が取れなくなる事もありそうです。

    私の場合の改稿は誤字脱字、表現の修正程度です。物語の筋は動かしません。ただの自己満足ですけどね。だから改稿したからって読後感は別に変わらないかも。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン