フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

今晩からアクションギャグ短編「てっけん!」を公開します。
「俺のラノベ」および非営利で有名な「本物川小説大賞」に出す予定です。

以前書いたコメディ「たのしいぼくらの空手道場」が自分でもいまいちな出来だなぁと思っていた上、「よくある兄妹-ふたご-の思考実験-thought experiment-」の作者織田さん、および「ジャンピング・ジャック・ガール」の作者mikioに「梧桐さんはコメディ向かないね」と図星つかれてしまい、作品を取り下げて部屋の隅っこでイジイジしてたんですが、再起を図ってもう一度書いてみることにしました。その前作を換骨奪胎したのが本作です。

何ヵ月イジイジしてるんだよ俺。

さて、それでも懲りずに今回リベンジに挑んだのは「前に進めば痛くない!」のキャラクターであるユーハ、ネコ、サラが意外にも人気でたこと、「あずまんが大王」や「けいおん!」、「らき☆すた」なんかの日常系が結構好きだったことが背景にあります。が、それ以上に青春の大半を過ごした空手道場での毎日をなんかに記録しておきたい! って思いがありました。

そんなわけで、この作品に出てくるお話は、私の学生時代の風景をそのまんま女子校に移植しただけのエッセイみたいなものです。もちろん読者を意識していて面白く書こうとはしているものの、それが半分、私の備忘録が半分みたいなところもあります。

願わくばこれがウケてほしいのですが、やはりギャグは難しい。面白さが伝わるかどうかはまだ暗黒です。それと4月の電撃に向けて書いてるほうが本命なので、「てっけん!」は7話終わっても、続きを書くかはわかりません。

だらだらと書いてしまいましたが何が言いたいかというと、要は名月さんが姉萌えだということです。

かしこ。

2件のコメント

  • こんばんは、お姉ちゃん大好きっ子(ただし一人っ子)な名月明です。

    「連れ子同士の義理の姉弟が同じ屋根の下で暮らし始めてドッキドキ♪」みたいな児童小説を夏頃に読んでから、姉萌え禁断症状がヤバイです(>_<)


    『てっけん!』楽しく拝読させていただいております(^^♪
    サラさんに再び会えて嬉しいです(´∀`*)ポッ

    >私の学生時代の風景をそのまんま女子校に移植しただけのエッセイみたいなものです。
    つまり、梧桐さんがスカートをはいて「私、ユーハ!」と名乗っている絵面を想像すればいいということでしょうか(^ω^)?
    (それはそれで楽しそうかも……)

    >やはりギャグは難しい
    児童小説とかで私もよくギャグシーンを入れますが、そういうセンスはやっぱり色んな作家さんの児童小説を読んで勉強していますね……。
    ギャグでも世代や性別によってどんなギャグが受けるかとか微妙に変わってくるのかも……と思ったり。

    まあ、でも、実際に書き始めると自分が爆笑しながら執筆したりしています(笑)。最初の読者である自分が笑えなかったらダメだし、それでいいかなと思いつつ……(^_^;)

    応援していますので執筆がんばってください!!(*^^*)

  • こんにちはー。

    >「連れ子同士の義理の姉弟が同じ屋根の下で暮らし始めてドッキドキ♪」みたいな児童小説を夏頃に読んでから、姉萌え禁断症状がヤバイです(>_<)
    マーマレードボーイみたいですね。定番ではありますけど、古くならないテーマですよねー。

    サラ先輩が人気が出てうれしいです。名月さん以外にもいいって言ってくれた作家さんがいて。この方の作品も面白いですよー。

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054882359981

    >梧桐さんがスカートをはいて「私、ユーハ!」と名乗っている絵面を想像すればいいということでしょうか
    当時はそんなにお茶目じゃなかったですw ただ、役柄はユーハでしたね。ネコやサラ先輩みたいな(男の)同門がいました。

    >ギャグでも世代や性別によってどんなギャグが受けるかとか微妙に変わってくるのかも……と思ったり。
    そうですねー。特にパロディは世代違うとアウトですね。なので、童話とか学校教育で扱うテーマとか、世代を選ばないものを詰めるようにしています。私は特定の年齢層、趣味層はあまり狙っていないので。ただリズムやタイミングなどはお笑いをみて調べています。東京ダイナマイトと笑い飯、ラーメンズなんかは今でもネタ収集に時々見ます。

    最近はラノベも結構読むようにしているのですが、流行ものといっても、やはり売れてるものは面白いですね。普通に楽しめています。

    ではでは、今後ともよしなにー

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン