はじめまして、
那須村裕(なすむら ゆう)と申します。
野菜全般好きですが、トマトが特に好きです。

1作目として、
『紅キ罰』を投稿させていただきました。

「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」投稿作品のため、
10万字超という長めの作品となっていますが、
できるだけスラスラ読めるように書いたつもりなので、
一読していただけると幸いです。


作品内容についてですが、
「紅」という文字が作中頻繁に出てきます。
主人公の名は紅(くれない)ですが、
それ以外の箇所はすべて、
「あか」と読んでいただければ大丈夫です。

「キ」をカタカナにしたのは、
バツの記号(✖)っぽくなるかな、という思い付きです。

小説情報にも書きましたが、
序章~第五章が「問題編」、
第六章~終章が「解決編」です。

真相解明に必要な情報は「問題編」に集約していますので、
謎解きを楽しみたいという方は、
第五章を読み終えたところで、
犯人は一体誰なのか、
どのようにして犯行を遂げたのか、
を推理していただけると作者が喜びます。

繰り返し読んでもらうと、
いろいろな発見ができるように
伏線をこれでもかというくらい散りばめておきました。
ですので、これは私の我儘ですが、
第五章まで読み終わった後、
終章まで読み終わった後などに、
もう一度読み返していただけると、
これまた作者が泣いて喜びます。


最後に、今後の投稿予定ですが、
『紅キ罰』とはガラっと趣を変えて、
女性主人公・短篇・学園部活物として、
都市伝説に挑むミステリーを書くつもりです。

それでは、今後とも宜しくお願い致します。