(今ドラは『發』『六筒』『三筒』。そして赤ドラである『五索』『五筒』です。で、お兄さんはこの中の3枚を確実に抱えている)

 ならばと、少女は思考を巡らせた。

(現状で、お兄さんが作れる役満はとても少ない。
 例えば、私が『九萬』を竜誘引儀式《カン》した時点で国士無双はできない。
 それに、ドラに一、九牌が混ざってる時点で清老頭も無理。
 あとは、『白』が王牌とあたしの捨て牌で合わせて二枚あるから仮にお兄さんが『發』を三枚抱えていたとしても大三元にもならない。
 字牌でできる役満も、お兄さんの捨て牌に『東』と『北』があって、あたし自身が『西』を二枚抱えてるから、字一色や大四喜和の類も考えにくい。
 そして、緑一色はお兄さんが『六索』を捨ててリーチをかけていることも踏まえて、私が『四索』を暗刻していることや、お姉さんが『三索』と『八索』を捨てていることからもないって言える。
 なら……あとできる役満は、四つの『暗刻』を作る四暗刻だけ)

 そこまで考えて、少女は首を振った。