長い文章なんて書いたことのない人間が思いつきで始めた小説。
当初、10万文字いけたら、どんなに駄文であったとしても、独りよがりな文字の羅列かもしれないけれど、それはもう立派な小説だと思うから、そこまでは書いてみようって。

読んでくれる人が増えきて、なら、10万文字、3000ページビューを目標にと書いてきました。
この物語を始めてまだ1ヶ月も経ってませんが、今月だけで3000ページビューくらいの閲覧があり、下書きを含めて20万文字綴る事が出来ました。

少しでも小説というものに近づけるように、一話目から何度も加筆修正したり読みやすいように削ったりしていますが、まだまだなのかなって。

宮本輝の青が散るのように、その時の情景や心境なんかかたくさん書き込まれている青春小説が書いてみたくてラノベっぽくはないかもしれません…

それでも更新するたびに新しいストーリーを読んでくれる方がいるし、一話目も気づいたら500ページビュー超えてるし嬉しい限りです。

出来る事ならこの子達がこの学校で青春を後悔なく謳歌できるまでは書けたらいいな

よかったらハートマーク、しおり、星での評価、誤字脱字報告でも批評でもなんでもしてください。
これからもお付き合い頂けたら嬉しく思う夜でした。