こんばんは。自サイトのブログでも書きましたが、こちらでもお知らせを。
 1月21日曜日、京都市勧業館みやこめっせ(1F第二展示場C・D面)で開催される第2回文学フリマ京都に参加します。サークル名は「夢想叙事」で、ブース番号はう-06。入ってすぐのところです。
『嘘つき王女と隻腕の傭兵』の同人誌版を頒布します。web版とストーリーは変わりませんが、加筆修正をしているので読みやすくなっていると思います。また、同人誌版にはweb未掲載の後日談を収録しています。番外編の300字SSを掲載したポストカードもおまけでお付けしています。ぜひお手に取ってみてください。
 その他、現代物の連作短編集『サボテンの子どもたち』、掌編短編を52編詰め込んだ『2013-2016』、ノスタルジックなSFやひやりとする現代物など、永坂入門編として最適な短編集『においのゆくえ』、コメディ三連発の短編集『執筆戦隊カケルンジャー』を頒布します。どの本もそれぞれおもしろいと思っているので、ぜひお手に取ってみてください。

 そして、長編『Eve or Vandor』の連載を始めました。毎日11時と23時に更新して、第3回のカクヨムコンに参加しています。何度も生まれ変わってきた男女の話です。
 雰囲気としては嘘つき王女と似ています。が、書いたのは嘘つき王女の一年以上前だったりします。色々考えた末、このたび公開することにしました。
 プロローグを読めばおわかりになると思いますが、前世の記憶を持ったまま何度も生まれ変わっては、そのたびに出会って結ばれる男女――というものに反発したくて書いた話です。
 出会っては別れることを何度も繰り返している二人の行く末を、よろしければ見守ってください。