処女作かつ初投稿作品を完結させました。
好き勝手書いたこの作品がどう評価されるのかはわかりませんが、ひとまず自分の好きなお話が書けたかなと思います。

ちなみにこの作品にちらちら出てくる思想については登場人物のものであって、私のものとは限りません。ヤバい奴だと思わないでください。

読んでいただいた皆様、ありがとうございました。



しばらく一身上の都合で執筆を控えますが、今後も自由気ままに、好きなお話を書いていきたいと思います。