将来の夢を反対されている主人公は二年前に森で知り合った野生のフクロウと出会う。二年前は雛だったフクロウは今では自由な空を飛べるようになっています。主人公はそれに羨む。しかし、そんなフクロウの過去と自分を照らし合わせて気づかされていく。今、本当に自分がしていること、自分がしなければいけないこと。教わるのはどこにでもあるような些細な出会いから。