3月くらいから、かなり執筆のペースが落ちていて、それでもエッセイ的なことは別のサイトにアップしていました

今、手がけている長編連載物は、どうしても取材が必用である大事な場面の風景がどうにもイメージしきれていないというか、昭和初期の街並みというのは日々変わっていくのだから、自分が設定した物語のそのときに、どんな風景だったのかを検証する作業がなかなか困難を極めております

まぁ、ぼちぼち諦めて、先に進む道もあるということで


https://kakuyomu.jp/works/1177354054885225268/episodes/1177354054889609925