前回の近況ノートから二か月以上、ひさびさの投稿です。
さて、タイトルにある通り、「キミラノ 二次創作コンテスト」に「猫屋敷華恋の捜査行」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054890433694)という話で参加しています。

猫屋敷華恋が、図書館から無くなった本について、キミラノのほかのキャラクターに聞き込みをしていくというお話になっています。問題編と解決編に分かれていて、問題編には手掛かりが全部示されています。本格ミステリーっぽくしてあるので、「我こそは」と思う方、気が向いたら挑戦してみてください! (笑)

ここで参加した経緯を。
今までは、自分でお話を作る力を鍛えようと思ってオリジナルばかり投稿してきたんですが、なんだか書いていて、雰囲気が似たり寄ったりに感じることが多かったです。(同じ人が書いてるんだから、当たり前なんですけど……)
そこで、ほかの人が考えたキャラで書いてみたらどうなるんだろうと思って挑戦しました。設定を調べながら書くというのは新鮮でした。自分では考えないであろうキャラというのは、刺激になります。
ほかの人の投稿をいくつか拝見しましたが、ほかの人は割とほんわかした雰囲気やネタで勝負しているのに対して、わりとガチッとした感じになった気がします。
同じ土台なのに、こうも違うか、と不思議な感じを受けた今日この頃です。