死亡フラグ


はい、まぁ短編・・・三次創作を書かせていただく予定してます。あの方、色々あって作品の話が一部抜けてしまったとのことでその間を埋めたいなぁと書かせていただくことになりました。

ああやって話が抜けちゃうのはあんまりだからねぇ?しかし、あの方は悪くないのに「間埋める話書け!」なんてクズのすることです。

なら、埋めるとすれば誰が埋めるのか?

チラ・・・チラ・・・

はいはーい!私やりたい私やりたーい!←やりたいだけ

(なんだかんだ偉そうな御託を並べてたけどやりたかっただけです、ちょうど良い機会かななんて思って許可を頂いてきました)

こうやって話をすると、わかる人にはわかる内容ですかね?そういう方にはどんな話を書くのか予想つくかな?

私に完璧な補完が出来るとは思っておりませんが、ポッカリ空いた穴を多少埋めるくらいの自信は持ち合わせております、頑張っていきたいと思います。

もしかしたら納期遅れるかもももも・・・これでも受験生なもんで・・・




あと、それとは別にガイドブック全巻買いました
中古で7000円でした
安すぎて目ん玉飛び出そうになりました、親にお金を借りて即買いです

・・・ハア、持ち金全部溶かしちまった・・・バイトもできないような中学は辛いネ