「呪われた龍にくちづけを 第一幕 ~特別手当の内容がこんなコトなんて聞いてません!~」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884543861

「呪われた龍にくちづけを 第二幕 ~お仕着せが男装なんて聞いてません!~」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885652282

が、それぞれ、13万PVと11万PVを超えました~っ!!ヾ(*´∀`*)ノ

お読みくださった方々、応援やコメント、☆をくださった方々、本当にありがとうございます~っ!(*´▽`*)

ちなみに、第三幕、
「呪われた龍にくちづけを 第三幕 ~急にせまられるなんて聞いてません!~」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888587025
は、4日に1度ののんびりペースで連載中です!(*´▽`*)

辺境の街から、王都へと戻ろうとしている明珠達なのですが……。
遠い……、王都が遠いです……(笑)

文字数は増えていくのに、全然、王都が近づかないっ!

遼遠「当たり前だよ~! ワタシを無視して王都へ帰られるとでも?」

……ですよね。うん、予想はしていました……(´-ω-`)

王都へ帰る前に、長くてあまーい一日が入る予定です!(≧▽≦)
安理の何やら不穏なことを言いだしておりますし(笑)

のんびりペースな更新ですが、よろしければおつきあいいただけると嬉しいです~!(*´▽`*)

4件のコメント

  • 綾束 乙さん

    『熱出して夢心地なアイツに、お見舞いの花を』と、『私は1番好きな男の子を、2番目に好きだと言った。』に星をくださってありがとうございます!(^^)!

    2番目は、女の子のちょっとダークなところを書いてしまいました。その反動からか、ハナとユメでは甘い仕上がりになるよう頑張ったつもりです。
    たくさん読んでくださって、ありがとうございます(≧▽≦)

  • 無月弟様
     わざわざご丁寧にありがとうございます~(*´▽`*)
     明珠を龍翔をだなんて、そんなそんな……嬉しいお言葉をありがとうございます!(*ノωノ)
     もう、いっぱい甘くてきゅんきゅんさせていただきました!( *´艸`)

  • 『妹な私』と『二番目のボタンはもらえなくても』に星をくださってありがとうございました。
    KAC、第一回は何も思い浮かばず早くも皆勤賞は逃しましたが、これからも思いつく限りやっていきたいです。とは言え、書くと読むの体力次第ですけど。

    基本コメディと恋愛が好きなので、できる事なら笑える話かキュンとくる話を作れたらいいのですけど。

    二作品とも読んでくださって、ありがとございます(≧▽≦)

  • 無月兄様
     わざわざご丁寧にありがとうございます~(*´▽`*)
     すみません、『初恋と幽霊2』をフォローし忘れてまして……(土下座)
     ちみちみと追いついていきたいと思います!(><)

     合同コンテスト、お互いに残念でしたね~(><)
     ご兄弟とも、お疲れ様でした~(*´▽`*)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン