このたび、薄めの文庫本の半分くらいの分量(文量?)で完結させました。

最初は8万字くらい書きたかったのですが、実力不足でしょうかね。

PVがここ3日以上連続で0で、悲しくなりやる気がゴリゴリ削られたのは事実なのですが、非常に愛着のある小説です。もっと読まれろ。

書いていてところどころ自分の涙腺が緩んでしまったのはナルシストが所以(ゆえん)でしょうかね。やっぱ好きだわ、カンゼロ。むしろ感無量。

どこかこっか短編などでおまけのストーリーを挿入できないか思案中です。

不死身の怪物『イモート(妹)』は特にお気に入りのモンスターなので、なんかまたそういうの出せないかなー。

最後まで付き合ってくれた方がいらっしゃったら、

読了、ありがとうございました。