1:
カクヨムには「異世界ファンタジー」と「現代ファンタジー」があります。
これはどういう違いなのでしょうか?
場所で決まる、という説もあるようですが、「現代ファンタジー」って言っても現代に魔法はありませんから、なかなか狭いジャンルになりそうな気がします。

ドラクエ、FFは異世界ファンタジー?
ハリーポッターは現代ファンタジー?

自分が書いた「陽を追う闇と、闇討つ光」は異世界ファンタジーと思っているのですが、異世界ファンタジーの世界にはいわゆるわたくしがまだ足を踏み入れることを躊躇っている転生系や、チートやTUEEE系で溢れており、それらと同じにカテゴライズするのがどうも違和感があったもので……。

2:短編の表現の難しさ
牧野様の以下の近況ノート(6/24分)で勝手にディスカッションさせていただいた
https://kakuyomu.jp/users/kayazou/news/1177354054889422338
内容にとても感銘を受けたものがあります。
短編の場合、壮大なストーリーを伝えるには読者の今までの経験に頼る部分がある、という点です。
今回の話も書きながらも個人的には盛り上がっていたのですが、特に2話では沢山の要素を短いスパンで詰め込む必要があり、少し分かりにくい内容になっていないかを心配しておりました。

もし読んでいただいた方で、この近況ノートを目にされたのであれば忌憚のない且つ心が折れない程度のご意見いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします!

9件のコメント

  • こんばんはー

    「異世界ファンタジー」と「現代ファンタジー」の違いですが、カクヨムヘルプセンターhttps://kakuyomu.jp/help/entry/genreによると

    異世界ファンタジー
    ここではない異世界を舞台にしたファンタジー作品のジャンルです。

    現代ファンタジー
    現実世界に連なる世界観で展開される、超常や異能など非現実的な設定が登場するファンタジー作品のジャンルです。

    らしいですー。
    でも判断が難しい場合とか、違和感を覚える時ってありますよねw
    タグも活用するといいのかなと思っています。

    文字数に関してはなんか記載があったかな……。
    うまく見つけられなくてごめんなさい。なんかあったらコメントしますねー。

    創作の一助となれば……。
    ではまた

  • こんばんは、ここのかです。

    1、「異世界ファンタジー」と「現代ファンタジー」の違いは?
    私に言わせていただきますと、やっぱり世界の設定です。
    地球以外なら異世界で、地球なら現代です。

    >>現代に魔法がない
    それは……当然と言えば当然ですが、「ファンタジー」なのですから。魔法や異能力という現実離れする“設定”を持ち、かつ舞台が現実世界であれば、現代ファンタジーと言ってもいいと思います。

    主様が例として挙げたハリポタはどちらなのか、実は私も考えたことあります。
    魔法世界は現実で有り得ませんし、異世界だと分類されるでしょうが、現実世界と繋がりがある世界ですね。
    私の考えでは、異世界ファンタジーだと思います。理由としては
    ⒈作中主人公は殆ど魔法世界にいます。
    ⒉現実世界とリンクしているだろうと違う世界であるのは確かです。
    ⒊魔法世界の方にも住人がいます。



    2、短編の表現の難しさ
    「陽を追う闇と、闇討つ光」を拝読しました。
    とても綺麗な言葉選びで感服しました。確かに壮大なストーリーを表現しようとするのは伝わってきました。

    何か物足りないというと……一話分の会話で終わり二話分ですぐに敵と対峙するところが唐突すぎると言いますか。
    世界は異世界であるのと、戦争中であることや敵の頭は強いのは一話でテンポよく書かれていますが、対峙するまで当日(二話目)のもっと描写があれば(戦いの描写に限らず)読者にも情景をイメージしやすいのではないのかと。

    メインの話なので冒頭や締めよりも字数を増やしてもいいと思います。(念のために言いますが、冒頭と締めの字数を減らすのではありません)
    個人的には冒頭も締めも好きです。

    短編たるものは、公募に触れることありましたら分かるかもしれませんが、そちらの基準では万単位です。二万、四万字くらいでも短編と言われるので、数千字で全てを詰め込む必要はないと思います。

    それでは長文失礼しました。

  • はじめまして。
    神辺さんのご説明の補足になりますが、カクヨムの検索ページ https://kakuyomu.jp/explore によりますと、どうやらカクヨムでの短編定義であれば、二万字未満の作品が短編にあたるようです。一般的な定義であればまた違ってくるようですが、その辺は人によって仰ることがまちまちなようですので、厳密な判断は難しく思います。

    以上。
    ご参考まで。

  • 神辺 茉莉花様
    ありがとうございます!
    ヘルプセンターですね、こんな身近にヒントがあったとは……やはり舞台なんですね、納得です。
    ファンタジーだけでこんなに細かく分けているのはやはり登録作品が多いからでしょうかね。
    タグはなるほどと思いました、今後はもっと活用しようと思いました、ありがとうございました!

  • ここのか様
    ありがとうございます!
    ファンタジーの定義、厳密には区別できない所も多々あるようですね、神辺様の仰ったタグの利用ご一つの解決策になりそうだと感じました。

    また、内容についても貴重なご意見をありがとうございました。確かに二話目はすっ飛ばした自覚がありました。二万字という括りで見てももう少し膨らます余地はあったかもしれません。今後の参考にさせて頂きます、
    ありがとうございました!

  • 若生竜夜様
    ありがとうございます!カクヨムでは短編の定義では二万字以内として扱っているのですね、またその辺りは解釈は分かれているという事ですね。知ることが出来て良かったです。
    わざわざありがとうございました、勉強になりました!

  • 木沢様

    お呼ばれして参りましたー。
    お声がけありがとうございます!!

    1について
    まず。『ファンタジー』とは。ググってみました。『超自然的、幻想的、空想的な事象を、プロットの主要な要素、あるいは主題や設定に用いるフィクション作品』だ、そうです。
    つまり、魔法の他、人魚や妖精、人が生き返ったり異形が普通に出てくる作品は全部ファンタジーだと思っていいのではないかと。
    で。
    そこをふまえて『現代ファンタジー』は、現存する人が、実際に行ったり見たりする事が出来る場所で起こってるファンタジー。場所が架空だとしても現実の延長であるのなら、こっちに入るかな。
    対して『異世界ファンタジー』は、『ここではないどこか』のファンタジーかな、と。
    もう、異世界って時点でファンタジーなんですが……
    そもそも、『ファンタジー』に現代も異世界もないんですよ。
    そう区別されるようになったのはここ最近なので。ただ『ゲームのような世界で繰り広げられる話』が有象無象増えたので、わざわざジャンル分けされたんでしょうね。

    木沢さんが違和感を感じているのは、むしろ『ハイファンタジー』と『ローファンタジー』の違いの方に近いかな。
    ハイファンタジーは、登場人物から世界から、何から何まで全て『幻想世界』を基準にしているファンタジー。
    対して『ローファンタジー』は、『幻想世界に現代感覚や知識などが入るファンタジー』です。(ググった)

    例えば、『異世界にあるトマトのような野菜』を表現する時。
    ハイファンタジーなら『赤くて丸くて瑞々しい野菜。果肉を切ると果汁とともにゼリー状のものが溢れ出てくる。酸っぱく少し青臭い』、
    ローファンタジーなら『トマトに似た野菜』となる。

    なので、木沢さんの『陽を追う闇と、闇討つ光』は、異世界ハイファンタジー、かな。
    異世界転生・転移するものは、全部ローファンタジーですね。

    ただ、ここら辺も作者の感覚に委ねられます。現代ファンタジーも異世界ファンタジーも、ハイファンタジーもローファンタジーも、定義がとても曖昧なので、作者がこうだと思ったら、その通りなんですよ。

    2について
    いやー……お恥ずかしい……
    ご紹介ありがとうございます……恥ずかしい……

    まず。カクヨムでの定義では、どうやら
    2万字未満:短編(※といいつつ、カクヨムコン短編部門は1万字以下でしたけどね)
    2万〜10万字未満:中編(※『丁度良い中編』として、カクヨム自身が2万〜4万字未満の作品を紹介してましたね)
    10万字以上:長編

    の、ようですよ。

    うーん……2話については……
    そうですね。ちょっと駆け足なイメージを受けました。特に、対峙するまで。2エピソードに分けても良かったかも。

    苦労して頂まで到着し、先行部隊が惨殺されている。どうすればいいのか……そこへアポリオール到着。他の兵士たちの目に希望が戻る。
    アポリオールは、闇の騎士との対決という意味以外の、何か重い空気を纏ってる。
    対峙する。
    不穏な空気。
    そして、アポリオール将軍は闇の騎士に声をかける。
    「何故……どうして父さんと母さんを殺した?」
    で、続く。

    弟さんとのエピソードをもう1つ、(弟とのエピソードであるという事は隠して)対峙前に入れても、より『因縁の対決』感が出たかな。……うーん、でもここは人の好みだし、下手したら先読みされてしまうから、難しいかな……

    まぁ、私は状況をイメージ出来ていたので問題なかったんですが。分かりにくい、という事はなかったです。どっちかというと『もっとじっくり読みたい』といった感じです。

    軽いランチのつもりでその辺にあったお店に入ったら、存外本格フレンチで、なのにリーズナブルだった。
    ランチだからゆっくり出来ない……夜にもっかい来てガッツリフレンチをワインとともに楽しみたいって……!
    って感じです。……伝わりましたかね?
    伝わらない気がします……

    ただ!!!
    ただし!!! 私は人にアドバイス出来るような人間ではないのです! これは!あくまで私個人の好みです!!
    好みを押し付けましたスミマセン!!

    こんな感じで如何でしょうか?
    なんか上手く伝えられてない気もしますが……

  • 牧野様!
    頼んでおきながら、書き込みが遅れて申し訳在りません、何度もじっくり読ませていただきました。
    ありがとうございました!

    そして……とてもしっくりきました。
    なるほどですね、そして最後の例え、お見事と思うほどよく伝わってきました、思わず「よし、乗せられてもっとやってみようかな」と思ってしまいました(笑)
    いわゆる一般的なレビューではなく、真のレビューと言いますか、とても新鮮で胸がじんわりと温かくなりました。

    本当にいつもいつも支えていただき、ありがとうございます、そろそろ牧野様作品も拝見出来るのではないかと楽しみにしています、是非よろしくお願いします!

  • 溶岩の上で黒い人と戦うシーンは、I am your brother. と言うべきと思っていたのですが、他の方のコメントを拝見してるとどうやら違ったみたいで、些か反省しているところです。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン