ほんの数年前、まだカクヨムで話を書き始めていた頃。
どうすれば読んでもらえるのかわからなくて、ヒットアンドアウェイ方式を採用していた。
これはもちろん正式名称ではない。
話の中に興味を持ってもらえそうなイベントを度々送り込んで、少しでも次を読んでもらおう、という構成で挑む方式、たった今私が名付けた。
しかしやはり内容が伴わないものは読んでもらえなかった、当たり前だ。

特に残酷なのはPVである。
最初ある程度の数字があって、その後がくんと下がる。最後は……0。
結局これはもう面白くなくて、次は読めませんでした、という読者からの意思表示——でもこれが現実。

その後色々な本や創作論を読んだり、またここまで支えてきて下さった方々のお陰(敢えて名前は出しません、いつもコメントやレビューを下さる方です。きっとあなたのことです)でやっと少しずつ「書く」とはどういうものか分かりかけてきた。本当に感謝してもしきれない。

そして最近、ふと嬉しいことに気づく。
最近公開した3作品のアクセス数が、ほとんど途中で落ちていないのだ。
「生命保険と宇宙の揺り籠」ではPVで見るとおそらく100人もの方が4話まで、
「ある日突然、人殺しと言われて。」は89、「学校では教えてくれなかった、うさぎとかめ」では27人もの方が最後まで読んでくださったことになる。

よく総PV数で語られている場面を見かけるが、総PV数は話が多いか少ないかでも価値が変わるものだし、どうなんだろうと疑問に思っていた。
PV10000→100→0となるよりも、一人の方が最後まで読んでいただけた方が自分は価値があると思う。その点で、これだけの方が最後までPVを減らさずに読んでいただけたということは、様々な感想があるにせよ、「読ませる」ことはできたのだろう。そう考えると、この数字、減らないPVがとても輝いて見えた。

自分は出版することはないだろう。
もちろん書き手として憧れはある。しかし、そこに至らないとしても、こうやって見ず知らずの方が時間を割いて読む価値のあるものを作ることができた、それだけでどこか十分満足してしまうのだった。

ということでこれからも何卒宜しくお願い致します。

4件のコメント

  • いえ、木沢さんならもっともっと行けます!
    私が追いつくまで満足しないでください。

  • 須藤様
    嬉しいコメントありがとうございます!
    満足というのはもう終わりという事ではなく、この事実に感謝しているという感覚に近いのかもしれません。
    まだまだやりたい事は沢山ありますので、今後ともお付き合いいただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

  • ご無沙汰してます!!
    分かる気がします。数字の魔力、ただの数字、文字であるはずが現実以上に重く胸を塞がせる感覚。

    どうか、気持ちを軽く。新しい視点からのアプローチや冷却期間なども役に立ちます。

    我々はカクヨム売れ筋ラインの作品志向ではないような気がするので、ラーメン屋街でカレーを売り込むには、かなり頭を使い続ける必要がありそうです。

    アドラー心理学の「嫌われる勇気」というベストセラー本がありますが、あれを創作に適応するのが、個人的には打開策でした。

    ご健勝をお祈りします!

  • 越智屋様
    胸温まるコメントありがとうございます!
    そうですよね、目の前のことに流されず、自分が納得できるものを作り続けるというのが必須項目ですよね!
    アドラーは前から興味がありましたので、今度本屋で見つけたらチェックしてみます、ありがとうございました!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン