神辺茉莉花様校正用ノートです。

7件のコメント

  • こんばんは

    あらすじ、確認しました。

    はっきりざっくり結論を言うと、このままでもほぼ大丈夫ではないかと思われました。きちんと隆司を主軸に置いて結論まで矛盾なく書けているので。

    文字数にまだ少しあるようなので、もしも付け足すとしたら

    隆司の性格(例…高校3年生の澤田隆司は父親から→高校3年生の真面目だけが取り柄の澤田隆司は父親から)や、
    「ひょんなこと」をもう少し具体的に書くとか、
    樹里の助け(※新聞記事云々の部分)もあって第一志望の大学に合格できたこと、
    または何か物語上印象的な出来事

    を入れ込んでもいいかもしれないですね。
    (「ひょんなこと」の具体的な部分は、この中だと一番優先順位が低いです。物語上の印象的な出来事(と、樹里の助けもあり大学に合格できたこと)の方が優先順位は高めです)

    ただ、上述したようにきちんと物語の大きな部分はおさえているし、結末まできっちり書かれているので、このままでも特に大きな問題はないです。
    (念のために校正も行いましたが、一読した限りだと誤字はいませんでした)

    その他、何か確認点等がある場合は遠慮なくお声掛けください。

  • 文字数にまだ少しあるようなので→文字数にまだ少し余裕があるようなので

    だ。失礼しました。

  • コメントありがとうございます。
     
    シーンや文章を削った場合は、あらすじも変わらないように注意が必要なので、企画の期限内にまたできる限り読みたいなと思っています。
    (すべて読めなかったらごめんなさい!)

    もしも期限内に間に合うようでしたらまたお声掛けくださいね。

    改稿、応援しています。

  • こんばんはー

    いえいえ、こちらの読み取りミスで申し訳ないです。

    期限内でしたら相談に乗るのでお気軽にお声掛けください。

  • こんばんは。

    コメント、ありがとうございました。

    青山さんの作品、樹里の個性が際立っていたし、ものすごくうまくまとまった作品でした。
    選考段階から、校正するならこの作品を!と思っていました。
    おかげでこの校正企画の期間中、とても楽しく過ごすことができました。

    つたない指摘で戸惑わせたことも多かったと思います。
    失礼しました。
    青山さんが理解力に長けた方でよかった!

    今後エッセイ等で作品の良さや青山さんの熱心さを伝えていくかもしれないです。ご不快な時は遠慮なくお知らせください。

    ここまで関われて本当によかった。
    また機会がありましたら、どうかよろしくお願いします。
    今後のご活躍と、作品が上にいくことを願っています。

  • こんばんは。
    お久しぶりです。

    GAの結果、今私も確認しました。
    残念! 力になれず申し訳ないです。

    すごく心に残る印象的な表現が多かったので、そういう部分は評価シートでもきちんと評価されていると思うし、そこは青山さんの長所・財産になるはずです。
    あとは評価シートを見て、の判断ですね。

    何か校正他、相談等がある場合はいつでも声をかけてください。

    いつか書店で青山さんの作品と会えるのを待っています。

  • こんにちは。

    追記の件、確認しました。

    >「知り合い」に含めるかどうか
    もちろん大丈夫ですよ。

    ただし、予約・先着順(早い時期に確実な相談をして、実際にデータが手元に届いた順番)が基本で、その中でも締切や商業/非商業の作品、賞用かどうかという条件によって校正の順番が前後する可能性もあります。

    あと、企画外の話になるので、いわゆる「お客様対応」は一切しない状態となります。
    作品や作者を中傷・罵倒する発言はしませんし、いいところはきちんと言いますが、若干指摘点の方が多くなる場合があります。
    (企画の時の物言いより、1~2割程度きつくなる感じ)

    気になる部分、止めてほしい部分、不安な部分はお互いに話し合って、穏やかに解決していければいいなと思っています。

    そういう感じで良ければ今後ともよろしくお願いします。
    (あと私、あんまし敬語うまくないので、くだけた話し方で大丈夫ですよー)



コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン