本日「最後の五分間」の選考結果が発表になりました。拙作『ジャイアントキリング』は落選したのですが、これにより「1200文字」の縛りも消えたため、本文を一部修正しました。
 また、くさなぎ そうしさんに「古畑任三郎をイメージして読んだ」というコメントをいただき、私自身も「なるほど」と思ったため、語り口をより古畑っぽく変えてみました。あのテーマ曲が浮かんでくるでしょうか(笑)。