少し前。

 それは、突然の出会いだった……。

じっくり「はぁ~、次の展開、どうしようかなぁ」

 ――カタカタカタカタ……カタカタ……カタ……。

 悩みつつ、作業を進めて数分後、

じっくり「ダメだ!なにも思い付かない!○| ̄|_(←この後、家の中で転がって頭ぶつけました)」

 そして、カクヨムサーフィン始める私。

じっくり「そういえば、ラブコメってどんなこと……んんっ!?!?」

 そこで、出会ってしまった……。

○「親友の妹を官能小説のモデルに使っているんだけど、どうやらいつも感想を書いてくれているのが本人みたいなんだが」作者:あきらあかつき様

 ……いやてか、そこにレビュー書けよって話なんですけどね!笑

 まだ読んでないんすゆるしてヒヤシンケッフン……!

 このセンスよ……このタイトルのセンス……!

 ぜったい面白いでしょ、これ。

 もう、タイトルで面白いもん。

 マジで羨ましい。

 少し前にタイトルの大事さ痛感したばかり。

 もし私が運営だったらすぐに声かけて書籍化しますよ笑

 すごい作家さんが、たくさん参加してる、まさに……カクヨム戦国時代。

 やっぱり出てくるんだよな~、こういう天才が。

 はぁ~。

 ……ワークスペース開こっと笑