大変身勝手なお願いを読者に押し付けてしまうのですが、この作品を公募用に改稿して行きますので、
もしご縁があり、書店でこの本を見かけましたら、ツイッターに「過去読んでました」って旨を伝えて頂ければ、無償で送りつけますのでどうぞ良しなに。



恐らくその際のペンネームは、猪鹿月 士瑛 になっていると思います