今後の岩井の活動方針について、です。

まず、
『ブラッディ・ベレッタ』
『サウンド・オブ・ハイスクール!』
の更新を一時中断します。

なんと言いますか、今は書くより読む時期だろうという心の声がいたしまして。

別作品の話ですが、選考に落ちたことなども加味しますと、今は何かを書くにしても、練習をすべきではないか、などと思ったり。

一番更新可能性が高いのは、
『Teenager's High』
ですね。カクヨムに参上する前、一番最初に書いた長編小説。
一度公募に出し、二次選考落選だったのですが、こいつをリメイクすることで、何かが掴めるかもしれないと思っています。

逆に、今新しい何かに向かって、闇雲に突撃すべきでもあるまい、と。

まとまりのないお知らせで恐縮ですが、何も言わずにいるよりは……と思い、皆様にご報告致す所存です<(_ _)>

27件のコメント

  • こんばんは。
    【人間のカケラ】で岩井さんのコメントを頂き遊びに来ました。
    前回の岩井さんからのコメントが3カ月以上経っていましたので、もう来てはもらえないと思っていました。

    嬉しいです。

    自殺願望のある僕を覚えていてくれていたのですね。
    僕はとても弱い人間です。

    岩井さんに伝えたい事があります。
    それは既に岩井さんは、神様から全て与えられている、と言う事です。
    料理で例えるなら、器具も材料も全て与えられているのです。

    岩井さんはそれに気づいていますか?

    最新の近況ノートを幾つか拝見しましたが、素敵な読者さんがいてとても羨ましいです。

    僕に岩井さんが、どの様なコメントを期待しているのかわかりません。

    よく考えてみて下さい。
    岩井さんはたくさんのレビューを書いていますが、僕の作品には1つも☆を頂ていないのです!!
    僕はまだ岩井さんに認められていないのです。

    僕の作品にもお陰様で、読んでくれる人が少なからずいますが、どの人も僕の公開している3作品に☆を入れてくれています。

    カクヨムの特徴として最大の評価は☆とレビュー文です。

    岩井さんの僕への評価は0だと感じています。
    生まれつきの障害と精神障害の僕を見下してはいませんか?

    【人間のカケラ】以外でお勧めは【生きてる証しが欲しいから】です。
    精神障害者の通所している作業所での出来事を克明に描いています。
    【自殺願望が消える日に】は僕の想いを詩に託しています。

    どちらもカクヨムの週間ジャンル別ランキング2位になっていますので、是非読んで☆とレビュー文を頂けると嬉しいです。

    長くなりましたが、僕の想いを岩井さんに捧げます。
    お互いにカクヨムを楽しみましょうね。

    またコメントをお待ちしています。
    ありがとうございました。



  • 岩井喬さま

    長編小説を執筆するだけでも重労働だと思うのです。
    それにもかからわず、岩井さまは複数の作品を同時並行に連載されている。しかも、同じ雰囲気のキャラクターが誰一人いない。

    クオリティーを下げずに執筆することの難しさが身に染みているので、切りの良い場面で更新が止まることは神業のように感じています。
    むしろ、同時並行でお体を悪くされていないか気になっていました(・・;)

    近況を報告してくださって、ありがとうございました。どの話から読もうか嬉しい悲鳴を上げていたので、早速「Tennager's High」を覗いてみることにします♪

  • 丁寧なご挨拶ありがとうございます。
    東北、いいですね。
    わたしは青森には行ったことがあるのですが、素敵なところにお住いだと思います。

    お尋ねの件ですが、あらすじを見てまいりましたが大丈夫だと思います。
    そんなに条件の厳しい企画ではないので堅苦しく考えなくてもOKです。

    企画参加、ありがとうございます!

    (なお、同様のコメントをわたしの近況ノートにも書き込んであります。)

  • 岩井さん、コメントありがとうございます。

    えーと、わたしの作品で勉強にはならないのではないかと……^^;
    わたしもまだまだ修行中の身ですので、あまり期待なさらないでください。

    心理描写、難しいですよね。
    でも難しく考えずに、自分の気持ちを書けばいいんだと思っております。
    いろんな本を読むと、平易な表現でも胸に刺さるものが多いです。
    固くならずに自分らしく書かれたら一番だと思います。

    読んでいただけるのは大変ありがたいです。
    お互い、がんばりましょう~(*^^*)

  • >月波 結様

    こちらこそ、コメントありがとうございます(^^)
    期待しないで……と仰いますが、逆に僕のドラマ演出力は皆無なので、仮に月波さんご自身に自覚がなくとも、僕の血肉となってくださる部分はたくさんあるものと予想しております。
    (独断で誠に恐縮なのですが……)

    今さりげなく『演出』という言葉を使わせていただきましたが、平易な表現を用いても、そのタイミングや選択、もっといえばセンスや直感などによって、磨きをかけられる=演出できる部分は多いように思っています。
    そうなると、今の僕の演出力は上述の通り散々ですので(苦笑)、勝手ながら勉強させていただけると大変ありがたく存じます<(_ _)>

  • こんばんは。

    コメントありがとうございました。
    僕の誤解ですみませんでした。
    ただ、疑問に思ったのです。
    【人間のカケラ】を読み切るのに時間がかかり過ぎるのではと。
    不愉快な思いをさせてしまったら、ごめんなさい。
    言い争う気持ちは無いのでこれで終わりで良いですか?
    なにかあればまた書き込んで下さいね。

  • こんにちは。

    報告したいことが、ありまして来ました。
    「怪獣殲滅デッドライン」から影響を受けて、自分も怪獣小説を書きたいなと思って、今まで少しずつ作っていた短編小説が、もうすぐ完成します。

    「怪獣殲滅デッドライン」に出ていた「怪獣孤児」という言葉や「怪獣の災害現場を見る」という形を気に入って書きました。

    内容そのものは全く違くて、怪獣との戦いも全くしません。怪獣孤児だった、ただの市民の一人である主人公が、被災地を逃げ回る6000字くらいの小説です。

    もし良かったら、あらすじ欄に、影響された作品としてURLとともに「怪獣殲滅デッドライン」を紹介したいなぁと考えています。

    ダメならダメでほんとに全然構わないので、お返事待ってます。

  • >ひつじ様

    こんにちは(^^)
    おおっ! なんと名誉な! ご紹介いただけるとは、まさに願ってもないことです!
    光栄です。是非ともよろしくお願いいたします!(^^)/

  • ありがとうございます!
    良かったです!

    あと、ほんとに言い難いのですが、


    怪獣小説というのに、怪獣のことをあまり知らないところから始めたので、
    「怪獣殲滅デッドライン」を何回も読みながら、書きました。
    なのでオマージュのつもりで、現状書きあげている部分の描写や設定を似せたりしています。気に入らなければ変更するので、言っていただけると有り難いです。

    例えば、

    ・怪獣の体格と速さ
    ・初上陸した年(二〇二二年)
    ・初上陸した場所(九十九里)
    ・初上陸で「怪獣孤児」になった主人公の設定。
    ・ドォン──。という冒頭部分の描写。

    同じ境遇を持つけれど、岩井さんの主人公は怪獣と戦う決断をして、僕の主人公は諦める逃げる決断をした。そんなことを表現したいなぁと思って描きました。

    気に入らなければ変更するので、言っていただけると有り難いです。

  • >ひつじ様

    僕の方から申し上げることは何一つありません! どうぞお好きなようにさばいてやってください!(^^)

    個々の箇所を確認させていただきましたが、全く問題ないですよ。

    ※もしかしたら、むしろ同一世界観だともっと面白いかも……。なんて(笑)

  • 良かったです。嬉しいです。


    >むしろ同一世界観だともっと面白いかも…

    岩井さんの話はリアル志向ですし、僕が書いている作品も「特別な能力も技術もない市民」を描いてリアルな路線になるよう描きました。

    なので、初上陸した年と場所、怪獣の描写を合っていれば、今のままでも同一世界観と言ってもいいのでは、と思っています。

    それに、同一世界観と僕の方からも言いたいと思っていました(´・ω・`)。

    ただ、僕からも世界観に対して細かい設定を加えたので、
    岩井さんに読んでもらって「怪獣殲滅デッドライン」内の世界を補完しているかどうか、確認してもらいたいです。

    公開した後に、岩井さんに確認して貰えたら、

    「『怪獣殲滅デッドライン』のオマージュ作品です。同一世界観となっています。」

    と書きたいな、と思っています。
    こういうことをするのは初めてなので、手探りですが、こういう形でどうでしょうか(>_<)?

  • >ひつじ様

    大賛成です! こちらの作品紹介でも、ひつじさんの作品の紹介をさせていただけると光栄です(^^)

    今更ですが……。
    もし資料不足になるようなことがありましたらお申し付けください。
    参考になる怪獣映画を薦められるかもしれません。

    あ、必ずしも『観ろ!』というわけではないのでご心配なく(笑)

  • >こちらの作品紹介でも、ひつじさんの作品の紹介をさせていただけると光栄です

    え、ほんとですか? めちゃめちゃ嬉しいです。
    あ、でも今回は、相互での評価や宣伝的な意味合いではなくて「内容や作風が違っていますが、とっても影響を受けました」ということをしっかり伝えたい気持ちが、まず先にあったので、無しで大丈夫です(>_<)。こっちは短編ですし、内容的にも接点が少ないので。


    資料の方は、今度にとっておきます(´・ω・`)
    怪獣以外にも、ロボット物や、サスペンス映画とか、他にも知りたいこともありますし、今後お世話になると思います!


    これから僕は、一通り推敲したり、あらすじやキャッチコピーを考えます。

    数日中に、公開できればな良いなと思っています。公開するときは、また声を掛けます。
    どうでしょうか(´・ω・`)!





  • >ひつじ様

    コメントの件、承りました。こちらからの、読者様方へのお知らせは特になし、ということで。
    今後も何かお力になれることがございましたら、何なりとお申し付けください!<(_ _)>

  • はい!了解です!
    近いうちに、また連絡します(´・ω・`)!

  • こんばんは!
    今日の22時に公開しようと、思います!

    負担が掛からないタイミングで、確認していただけたら嬉しいです。ただのリスペクト作品なので、僕の方への気づかいは大丈夫ですので(>_<)。

    作風も内容も描く人物も違っていて、単体で成り立つようにと作った小説ではありますが、気持ち的には同一世界観でやっているつもりです(´・ω・`)。もし、気になる点があれば申し付け下さいm(__)m。

  • >ひつじ様

    分かりました! 楽しみに拝読させていただきます(^^)

  • 返信遅れて、すみません!
    レビュー読みました(´・ω・`)!
    めちゃめちゃ嬉しいレビューでした。

    そして、そのレビューが呼び水になっているのか、今他の方にも読んでもらっています!

  • >まさかわたくしめの拙作から、こんな切れ味抜群の、そしてドラマを内包した作品が誕生しようとは!

    あと、これ(´・ω・`)!嬉しいです!

    僕的には本当に岩井さんの話をひっくり返したようなイメージなんです。
    「正義のヒーロー」から「小悪党」
    「自衛官」から「市民」
    「戦う」から「逃げる」

    市民なりの怪獣との戦い方を考えて、こうなりました。

  • >ひつじ様

    改めまして、我が拙作に新たな世界を刷り込んでくださったこと、心より御礼申し上げます。
    とまあ、レビューや近況ノートに(狂喜乱舞しながら)コメントさせていただいたものの、言葉にできない興奮やら感動やらが入り混じって、我ながら混乱しておりますが(笑)

    そう、その『ひっくり返したようなイメージ』、そしてそれを具体的に文章に落とし込むひつじさんの手腕、圧巻です<(_ _)>

    怪獣という泥臭いものを扱っているのに、綺麗にドラマが浮き彫りにされている感じ。参りました。

    これからも切磋琢磨させていただけると、光栄であります(^^)/

  • こんばんは!
    返信遅れてしまい、すみません。
    今ゆっくりレビューや近況ノート読んでいますが、狂喜乱舞していただけたようで、本当に良かったです(´・ω・`)。
    レビューの方で「本当に恐いです。怪獣。」と書いてもらって、絶望感とか切迫感とか、岩井さんの小説で表現していたあの感じを、少し再現できたのかなと思いました(自画自賛(>_<))

    これからも、よろしくお願いします(´・ω・`)!

  • 岩井喬さま

    先日のカクヨムWeb小説短編賞の続報ですが、最終選考を突破することはできませんでした。

    お伝えしようか迷ったのですが、結果発表待ち仲間の縁で報告させていただきました。来年のカクヨムコンで朗報を届けることができるように、精進したいと思います。
    今後ともよろしくお願いします。

  • >羽間慧様

    ご連絡くださり、ありがとうございます。

    左様でしたか……。
    『羽間さんなら何かを成し遂げてくださるに違いない!』と思っておりますゆえ、『来年の朗報』とのお言葉、心強く思います。

    ただ、こうして『来年は大丈夫ですよ!』と安易に申し上げたくはない、という気持ちもあります。一見励ましているように見えますが、その言い易さが、羽間さんのご尽力を軽視しているように思えてしまいますので……。

    また、大変なご無礼を承知で申し上げるとすれば、こうして『結果発表待ち仲間』とおっしゃっていただけることは、誠に光栄なことであります。中間突破をなされた羽間さんのお言葉とすれば尚更のことです。

    自分でも何を申し上げたいのか分からなくなってしまいましたが、陰ながら応援させていただいていることは事実です。
    今後ともよろしくお願いいたします!<(_ _)>

  • 岩井さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます!

    いや~、実はわたしも同じなんですよ^^;
    走り続けてないと倒れちゃう。というわけで週明けまで公開はお休みしておりますが、こんな時間でも執筆、執筆です(笑)
    もう、病気ですよ。
    常に作品のことを考えちゃうし、考えがするりと手を離れそうになるとメモです。

    今日はチキンのトマト煮込みを作って気分転換、と思ったんですけど煮てるそばから新しい作品をこうしたら、ああしたらという考えが浮かんできて結局、ここに戻るのでした。

    休む、と言ったけれどお休みする、というよりは世の中から一度遠ざかる、という意味です。
    更新はしない。
    作品の評価をあまり気にしないで済む。
    エタりそうな作品を忘れる。
    それが「ちょっとお休み」です。
    心が疲れちゃうんですよね~(折れやすい)。なのでたまに隠遁生活を送らないと。

    それから、実はいま、「エブリスタ」という投稿サイトでも活動を始めているので実際は今日も更新しました~^^;
    カクヨムに載せた「17日後」という作品の転載なので、文則や誤字脱字を見直してアップしてます。
    昨日までは新作もアップしてて、最終話を迎えました。
    そんなわけで休みなし。
    自分でもどうかしてると思ってます!

    岩井さんも心が煮つまる前に、「文章を書けない環境」に身を置いてはいかがでしょうか?
    例えば料理をしたり、散歩をしたり、なんだろう、リアルタイムバトルのオンゲをしたり(笑)
    どんなことでも小説の糧になります!オンゲだってバカにできません!

    と、酔った勢いでいろいろ書きましたが、お互い長く小説と向き合うために適度な休みを挟んだ方がいいと思います。休みましょうね~(*^^*)

  • >月波 結様

    お返事ありがとうございます!

    >走り続けてないと倒れちゃう

    そうなんですよね、走るのを止めた時、一体いつまた走り出せるのか分からない。そんな強迫観念が襲ってきます。

    >「文章を書けない環境」

    僕の場合、一番手っ取り早いのは……カラオケ、でしょうか(^^;
    あるいは、電子装備一切を置いて図書館に行くとか。

    『世の中から一度遠ざかる』という表現が一番心に染み入って参りました。
    平易な表現ながら、『嗚呼、逃げてもいいんだな』と思わせてくださる。ありがたいことです<(_ _)>

    >長く小説と向き合うために適度な休みを挟んだ方がいい

    そうですね、それを意識的にできるように、適宜頑張ります……って、その『適宜』が一番難しいのですけれど(汗

    まとまりがなくて恐縮ですが、今後ともよろしくお願いいたします(^^)/

  • 岩井喬さま

    お待たせしました。現時点の「Teenager's High」の感想です。

    ライトノベル☆☆☆★☆一般文芸
    文学的要素あり☆★☆☆☆なし
    エンタメ性あり☆★☆☆☆なし
    男性向け☆☆★☆☆女性向け
    キャラクター☆☆☆★☆ストーリー

    良い点
    ・擬音を効果的に使っている
    ・バトルシーンが単調ではない上、話の整合性が保たれている
    ・武器に詳しくない読者でも、性能や欠点が分かりやすいように描写されている

    あっても良い点
    ・ゆるい日常回(意外にその後の展開に関係するものであればなお良し)

    気になる点
    ・少年少女らしい幼さはあるものの、大人になり過ぎているような印象を受けた


    上を目指すにはどうすればいいのか、悩みながら指摘を書きました。
    燃料切れになると、執筆の気分が上がりませんよね。脳内でキャラクターが動き始めるまで、のんびりと待っています。

  • >羽間慧様

    ご多忙の中、貴重なご助言をくださり、誠にありがとうございます!<(_ _)>
    『ゆるい日常回』は盲点でしたね。そこで子供らしさがコロン、と転がり出るような感じを目指してみたいと思います。今は『一応完結』を目指す身ですが。

    今はまだ執筆体勢に戻るのが難しいのですが、しばしお待ちいただけると幸いです。

    本当にありがとうございました!(^^)/

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン