『やがて来る僕らの終わり』に 高羽慧 さまから素敵な、そしてこの作品にぴったりな、おどろおどろしい紹介文を頂きました。お手本にさせてもらっている人からの紹介文は身が引き締まるものがあります。

まだ完結前の作品にはもったいない紹介文をいただいてしまったので、それに見合う締めくくりをしっかり書き上げていかないといけないですね。

物語もいよいよ終盤、この第四章で実施的に話は終わる予定です。どうか、もうしばらくお付き合いをいただければ幸いです。

ではまた。