「クリティカルな球体」を読んでください。牛次郎の作品群の中では異例の作品です。推理小説なのですが、しだいに大きな、うねりが押し寄せてきて、アップツーデートな作品に仕上がっています。第一話から、読まないと、訳が分からないと、思います。難しくても、こういうのを読むことで、読書の習慣がつくのではないかと思います。青春小説もいいです。いつか書いてみたいと思っていますが、まずは、歯応えのある、小説にチャレンジして下さい。書くときの参考にもなるはずです。そのうち、歴史小説も載せるつもりですが、「クリティカルな球体」が、読めないようでは、歴史小説は無理です。難しい文体にチャレンジすることで、君の書く、次の作品の質が、上がっていくのです。第三人称で書くことをお勧めします。
「カクヨム」の中から、本物のプロの作家が出るのを、期待しています。            牛次郎より。

                   牛次郎より