カクヨムコンテストが始まりました。
 前回は短編での参加でした。そこで今回は長編に挑むことに。
 さすがに前回の短編を使い回すようなことはできません。二作が読者選考を突破しましたが、受賞できなかったので出す意味はないと。

「それならこれは?」

 自作の中の一作に目が留まりました。1000字以内で書くという自主企画に参加した作品です。10000字以内の募集要項なので短編に参加することはできます。

「でも、たったの1000字だし」

 内心で笑いました。さすがに文字数が少なすぎます。使い回しではないですが、これはないでしょう。

 ポチッ。