『逆襲のドッペルゲンガー』を完結済から連載中に切り替えました。一番の理由は、既に書き上がっている第二章の冒頭を俺自身がカクヨムのインターフェイスで読めるようにしたかったからです。けっこう好きなシーンで、テキストエディタで開いては読み返していたのですが、やっぱり読みづらいし、個人的には数ある小説投稿サイトの中で一番きれいだと思っているカクヨムのインターフェイスで読めるようにしたかったのです。

ただ、きちんと書いてあるのはここまでなので、この先をアップするのはだいぶ先になるものと思われます。

テアトロを書き上げてから満を持して……などと考えてもいたわけですが、年始には想像もしなかった歴史的奔流のただ中にあって心境の変化もありました。

結局のところ、俺は自分が書いたものをまずは自分で楽しみたいようです。そのためには、自分を納得させられるものを書かなければならない。色々とつまらんことはぜんぶ忘れて、その原点に立ち返ってみようと思います。