ここカクヨムさんで作品を投稿させて頂いて早、6ヵ月以上たちます。早いですね。

思えば、9歳の時、初恋の人のりこ先生と姉さん達の影響で小説を読む様になり、その世界に引き込まれ、俺も書いてみたいなぁと思うようになりました。
そして6ヵ月前、その思いは現実になりました。
それはカクヨムさんがあってこそですし、僕の作品を読んでくれる皆様がいて成り立つものだと思います。皆様には感謝しかありません。
読んでくれただけでも満足なのに、コメントやレビュー、その上、フォローもして下さって。。
心から嬉しかったです。

本当に有り難う。

夢が叶うって本当に素敵な事ですね。

道を踏み外してしまい、裏社会に片足突っ込んでいきがってた時も、長い間、病院のお世話になっていた時も、料理の世界で腕を磨いていた時も、ろくに学校も行かずフラフラしていた時も。何気ない日常。休日。いつの時代にも僕の側には常に小説がいてくれました。
僕は読むのも、書くのも大好きです。
それだけは心から言えます。
偉大な人達が残してくれた敬愛する作品達が、僕の先生であり、友人であり、親でもありました。

でも最近は、本を開くと、小説を書こうとすると、カクヨムを開くと、突然の吐き気や頭痛、虚無感、憐憫、自己嫌悪…まぁ等々…それらが襲ってくるわけですね。
今こうして書いてる時も頭痛がひどいですけど。

長々とごめんなさい。本題に入ります。
本日をもってカクヨムから離れようと思います。

理由は僕の体調?って言うのかな。
心の問題、ですね。それですね。
ここ最近は本当に辛くて、辛くて。
長い間病院のお世話になっていた時の比ではない程に。
僕は今まで僕自身に常に負けてきました。
体調が良いときはギリギリ勝ててましたけど。

最近は、もう限界やな。と思うようになりました。

体調が良くなれば戻ってきたいと思ってます。

たぶん、戻って来ないと思いますけど。

皆様のお陰で、僕の6ヵ月とちょっとは本当に色濃く、素敵な時間を過ごせたと思っております。

顔も生い立ちも知らない皆様の人生が輝き、様々な色で充たされ、幸福が続きますように祈っております。

最後に。
本当に有り難うございました。

タツヤ

5件のコメント

  • お久しぶりです!
    タッチャンさん!!!

    と、もっと明るく元気に会いたかったですけど、そうですか……
    精神的な痛みってものはきついです。
    原因がわかっていようと見えない痛み、ってのはどんなに頑張っても治すのが辛いのは最近身をもって知りました。
    そっかぁ……タッチャンさんの小説長い間見れなくなりそうなのか……
    でも、タッチャンさん!
    小説が書きたくなければ書かなくていいんです!
    もっと他にやれることがたくさん見つかるはずです!
    タッチャンさんの体調が心配ですが、治ったらまた来てください。
    多分、戻ることなさそうですが。
    約3か月? 会って3か月ぐらい、何気にあなたの小説を見てましたが、本当に面白かったですし、感動しました。
    あなたの小説はフォロワーさんによってなんか、派手に、こう……なっているでしょう!(雑)
    タッチャンさん。
    生きくれてありがとうございました。
    ↑これを言う日が来るとは思ってなかったw
    (あと。消える前に言ってくれてありがとうございます)

  • タッチャンさん
    そうですか。
    人生は長いです。山あり谷あり、いろいろあります。
    今は無理をなさらないことです。
    大丈夫、いつか、なにもかもが大丈夫になります。
    五十年生きてきた、水ぎわが申します。
    だいじょうぶですよ!

  • タッチャン様
    いつも、私の作品を読んでくださって、本当にありがとうございます。

    体調が良くないのですね。その時は、少しゆっくりするといいですね。
    暑いですから、体調管理、お互いに気を付けましょう。

    また、書く気力が湧いてきたら、戻ってくるのを待ってますよ!
    ここは、タッチャンの居場所なんですからね。

  • タッチャン様

    風の吹くまま、思うまま。
    自分に対して、勝ち負けを決めないでください。
    体調が悪い時も、気分が良い時も、病院にいる時も、お料理をしている時も、全てがタッチャン様の一部です。苦しむのも楽しむのも、タッチャン様のかげがえのない人生の一部です。

    他人に対して優しい言葉をかけられるタッチャン様は、自分自身に対しても優しい言葉をかけることが出来る日がくると信じています。

    短い間でしたが、こうしてやりとりをし、作品を読みあうことが出来てとても嬉しかったです。どうもありがとうございました。


    「私たちは苦しい思いをしているけれど、その分人の痛みを知ることができた」

    アメリカで、AA(AAlcoholics Anonymous)の家族ミーティングに参加した時に、初対面の女性からかけられた言葉です。

    痛みや悲しみは人を強くします。
    絶対に。

    タッチャン様の幸せを願って。

    来深 京人

  • タッチャン様。

    突然のことで何と言えばいいか戸惑ってます。
    いろいろ考えた末のご判断なのだと思います。

    ひとまず、お疲れさまです。
    そして、沢山の面白い、味のある作品をありがとうございます。
    私の作品を、タッチャン様に誉めて頂いたことも、とても嬉しい思い出です。

    タッチャン様の望む方向に、良いかたちで、何事かが進むように願っております。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン