自主企画の質問とかあればこちらにどうぞ。

https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054893043881

6件のコメント

  • 藤崎五日さま

    了解しました。
    一週間程度できちんと評価できると思います。

    本編が約9000字という事は、カクヨムコン短編に応募されるのでしょうか?
    そのあたりも含めて読んでみます。

    URLが晒されるのはまずいかもしれないので、藤崎さんのコメントは削除しますね。

    レース描写の作品は既に投稿済みです。
    爆走シーンは結構書くんですが、レースシーンはなかなか書かないのです。


  • 藤崎五日さま

    もう少しじっくりと読んでみて改めて感想とか書かせていただきます。
    ざっと読んだ感じでは、番外編のミナガワナナが一番生き生きしてたと思いました。

    では読んでほしい作品を挙げます。
    「猫ロボの藤吉郎」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054893072982

    まだ書きかけですが、今年中には完結させる予定です。
    「僕と黒剣 short ver.」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054892245589

    こちらは完結済み。
    ハイロック氏に褒められた作品なのですが、鳴かず飛ばずww

    さてどうしたものかといった感じでしょうか。

    時間があればで結構です。

  • 藤崎五日さま

    早速読んでいただきありがとうございます。

    まず「猫ロボ」の方から。

    三毛猫のオスは珍しいため、高値で取引されると聞いたことがあります。
    三毛猫、オス、ロボ、で希少価値が高いみたいなノリですね。

    何故猫ロボが食べるのかは完全に飼い主の楽しみの為です。

    何のペットでも、餌やりが一番の楽しみだと思うのです。
    その楽しみを叶える為、メーカー側が付加価値として餌を食べる機能を付けているわけです。
    食べた物の処理に関しては公開済みの第2話で解説してます。
    固形状のペレットとして排出され、家庭菜園用の肥料になるという設定。

    違法か否か、という点に関しては若干改稿してます。
    第2話では、主人公は違法でも飼い主のところへ届けてやるのではないかとの流れになっています。

    そして、藤吉郎の正体は??

    今回は謎のままではなくて、はっきりと正体を明かす方向です。

    何かの存在が猫ロボの中に魂として入っている……みたいな。
    次話、その正体と主人公が夢の中で会話するはず。

    今年中に完結させたいんですけどできるかなってところです。
    猫好きほのぼのと思って読んだら???となるはず。
    お楽しみに。

    僕と黒剣の方です。

    これは元々Twitterで連載していたものをカクヨムに転記し、更に短編賞用に短縮したものです。

    まあ、ツイッター用に唐突に展開するストーリーと、余計な説明を省いたスピード感を重視してまして、その結果主人公は何者か分かんないまま終わっちゃってるわけです。

    結構苦労して短縮したわけですが、それでもまだまだ工夫が足りなかったのではないかと思われるところがありそうです。
    その辺り、具体的に指摘していただいて感謝します。
    もう一度見直して、締め切りまでには修正したいと思います。
    ありがとうございました。

    ここから先は蛇足です。一部ネタバレを含みます。

    黒剣は攻殻機動隊の草薙素子少佐みたいなサイボーグです。
    姿を見えなくする光学迷彩が標準装備。
    パクリかよww

    敵の先生はESP能力を駆使する改造人間。高熱とプラズマ、念動力を駆使します。詳しく話すことができないので、黒剣は「魔法」と言ってごまかしているんですね。

    その先生が欲しがっていたのは「僕」の詳細なデータ。
    「僕」は戦闘用生体兵器のプロトタイプなのですが、自分は只の人間だと信じ込んで生活している。社会に適応できるかどうか実験中なのです。
    その軍事機密の塊を護衛・監視する役目を負っているのが黒剣です。
    監視というのは、故障したりして暴走した場合には破壊するよう命令されているのですね。
    まあ、こんだけを一人称視点で暴露するためには、短編では無理でしょう。

    謎のまま放置してあるのは、例えば「スカイクロラ」を読んだら、結局キルドレって何?わかんないよってなるんですけど、そのパクリでもあります。

    一人称で書くとこういう主人公が知り得ない事実は読者にはわからない。勘違いしている事実は読者に間違って伝えられる、などの齟齬が発生するのですが、それをそのままにしているわけです。

    まあそんなところです。

  • 藤崎五日さま

    ごもっともな意見ですけれども、それはやっぱり難しいですね。
    種明かしは続編になります。

    長編に改稿ってのも考えてます。

    できるかどうかは未知数。

    ネタも少ないしww

  • えっと、こちらでごめんなさい……

    まずは読んでくださりありがとうございました♪
    変な作品ですが感想嬉しく思います!!
    ×××しちゃうの表現が苦手なので……朝チュンで終わらせそうです(..)

  • あはは!

    カクヨムは健全な青少年が多く集う場所なので、♡♡♡系の表現は気を付けた方が良いです。

    私は過去何度か失敗してますからww

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン