第一巻3話構成、予定。
2話まで公開中です。

7件のコメント

  • 九里方様、初めまして。 立花佳奈と申します。

    拙作の「はんとら」に、素敵なお褒めの言葉を頂きまして、感激です。
    (初レビュー頂きまして、ありがとうございます。)

    お礼を申し上げるのが大変遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

    この作品は、元はシナリオの習作なのですが、
    私の中に広がった世界を描いてみたくなり、見よう見真似で進めている物です。

    ご意見も、大変参考になりました。修正出来るところから手を入れたいと思います。

    今後とも、「はんとら」を宜しくお願い致します。 ご意見ください。
    私も九里方さんの所へお邪魔致しますので、こちらも宜しくお願い致します。
    m(_ _)m


  • 九里方 兼人さん

    初めまして、自主企画を立ち上げたきぐるみ女神Qです。

    エントリーして頂きまして、有難うございます。
    エントリー者が3名揃ったら、さっそく読みに伺わせて頂きます。

    お互いに作品、読み合いましょうね♪
    これからも宜しくお願いしますね♡

  • こちらこそ、宜しくお願いしますね♪

    取りあえずワタシの作品を読んで頂ければ、他の方の作品は読むかどうかは久里方さんにお任せします。
    期限はありません、だってワタシの作品の最新話も出来れば引き続きお付き合い頂きたいですから。
    その代わり、ワタシも久里方さんの作品を最後まで追いかけます。
    感想は、作品の応援コメントにお願いしますね♪
    私も、ちゃんと1話ずつ読んでその度にコメントを出来るだけ残したいと思っています。

    モチロン、エントリー後もフォローして問題ないですよ♪

  • 九里方 兼人さん

    『女神絵巻』を読んで頂き有難うございます、きぐるみ女神Qです。
    さっそくご報告があり、コメさせて頂きました。
    近況ノートにも記載しましたが、『女神絵巻』の第1話をついに動画化して貰えたんです!

    https://www.youtube.com/watch?v=mcXEfJkohV4&feature=youtu.be

    ぐみねこ様、Special Thanks ♡


    そして、九里方さんもとても気にしているであろう『キュイぐるみ』を着たアカリの全身イラストも載せて貰えたんです!
    さぁ、このコスチュームは九里方さんの予想していた通りでしたでしょうか?

  • 九里方 兼人さん

    いつもお世話になっています、きぐるみ女神Qです。
    『女神絵巻』に★を戴きまして、本当に有難うございました!
    カクヨムコン作品の執筆作業に追われ返事が遅れてしまい、誠に申し訳有りませんでした。
    これからも、宜しくお願いしますねっ♡

  • 九里方 兼人さん
    感想ノートの追記コメントを読みました。
    あそこでズラズラと返答を追記するのもアレだったので、とりあえずこちらに残します。

    仙人に対しては一応、特に好きな作品の設定等はございません。
    自分はあくまでも一般論を語ってるだけに過ぎないのです。
    これの話をしたかったわけでは無いというのはわかってますが、一応、明かしときます。

    そうですね、大体自分が酷評をするものは総じてそうです。
    読めばわかるもの、内容上おかしいところを指摘しています。
    仙人に関してもそうですが、自分はこれに特別な知識を持ってません。

    ただ、自分の持論とも言えるところではあるのですが、
    一般論から掛け離れた設定を独自設定として語る際には、それを読者に慣らすための時間がいると思ってます。
    それをさも当然のように内容に入れて、読者に理解を求める書き方を自分は嫌ってます。
    固定観念と言ってましたが、まさしくおっしゃる通りです。

    あの感想ノートの評価は、★3までが自分の思っている基本。
    つまり読めばわかるもので、自分の基準を超えたかの指標になります。
    ★4からは普通に感想を書こうとも思ってますが、
    何分、最初にこれを始める時思ったのが「分析して勉強する」ことだったので、確かに普通の感想とは違うものになってます。(笑)

    一応、ここで明言しておきますが、感想を書かない場合の自分の感性は一般人のそれとあまり変わりません!
    そんなにツンツンしませんよ!
    ただ、読んで基本的なことが守られてないと感じちゃうとその後を見ない癖があります。

    要は何なのかと言うと、あの感想ノートを書く自分の考えはこれです。

    ・基本は守りましょう、ちゃんと自分の小説を読み返しましょう。
    ・設定を書く前に下調べは確実にいたしましょう。原典はどこか、どういう経緯でこんな感じになったかを調べて、突っ込まれても返答出来るようにしましょう。

    もちろん、自分はこの趣旨を感想ノートで直接語りたいとは思ってません。
    ただ、私が篇質的だと思われてもいいから、ある程度は自分が考える基本というのを語りたかった。
    せっかくなら、みんなにも一度はこういった側面で考えてみて欲しい。
    そんな考えで始めたものです。

    なので、そう思って頂けて、コメントも書いて頂いてありがとうございます。
    【つくりかた兼人録】は、まだ読み切れてませんが、いろいろと助かる話も多かったですし、そういう意味でも嬉しかったです。

    私というキャラが、あの感想ノートの主人公です。
    それを楽しんで貰えるのなら、それもまたアリかなと思います。
    そして、これを見て少しは上記の事も考えてくれたらいいなーと思ってます。

    近況ノートに長々と失礼しました。
    まとめると、ただ嬉しかったです!
    今後ともよろしくおねがいします!

  • コメントありがとうございます。

    まあ、
    一般論でなくてはならない。
    自分のよく見聞きするものが一般である。
    というのも固定概念ですね、というお話でした。

    特に男性向け女性向けではテーマ性も文体も違うものです。
    男なんだから女性向けでも男目線でバッサリ斬る、というのも間違ってはいませんし、統計として参考になると思います。

    あそこで書いたのは、男でも女性ものを理解して楽しむ事はできますよ、という選択肢の提示でした。
    (女性目線で見れば優れているという意味ではないです。優れていないという意味でもないですが)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン