どうもこんにちは、幼稚園バザーの作業が立て込みすぎて頭パーンしそうな陽澄すずめです。割と楽しいんですが、時間がどんどん溶ける。息だけはしています。

 さて、現在連載中のトラハイですが、第1章にあたる福島〜名古屋の旅路まで掲載しています。
 明日更新の第9話より、名古屋〜北九州のパートとなります。


 少し前にTwitterでも書いた、ちょっとしたこぼれ話をば。

 主人公の巽は、作中の『零和12年』で41歳。
 つまり並行現在『零和2年』時点では31歳の人です。
 仕事と家庭のバランスや恋愛観など、いろんな感覚が今アラサーの人ぐらいのイメージで書いています。
 そういう価値観はもちろん個人個人で違うものですが、ある程度は時代の流れに影響されるところもあるかなと。

 ヒロインのサイカ。巽は30歳前後と見ていますが、はたして……?
 (物語の後半で年齢の分かる記述が出てきます。明記はしません)

 巽の愛車。3人乗りで、なおかつ上部に寝台のあるキャビン。これ、実在しないタイプのトラックです。
 寝台付きは実在しますが、2人乗りです。検索で出てくる写真を見ると、秘密基地みたいでなかなか楽しそう。


 今回も登場人物のイラストを描きました。メイン3人。
https://mobile.twitter.com/cool_apple_moon/status/1306594918626811904

 今Twitterのアイコンがサイカなのですが、おかしな発言とか推しに悶える奇声とか、何となくしづらくなりました。
 シュカのアイコンの時は、まぁ何喋っても大丈夫な感じだったのにね……笑


 未だ謎多き女・サイカ。次章で背景が明かされていきます。
 ではでは、引き続きトラックの旅をお楽しみください!