はな様、春暁様、このたびは「眠れる塔の魔法使い」に素敵なレビューコメントをいただき誠にありがとうございます。この場を借りて御礼申しあげます。

また、もったいなくも★をくださる方、応援してくださる方、そしてもちろんお読みいただいている全ての方、本当にありがとうございます。

思いつきで書きはじめて行き当たりばったりの更新を続けているうちに5万字を超えてしまい、作者もびっくりしています。これから広げた風呂敷をどうたたんでいくか悩ましいところですが、今後もお付き合いいただければ幸いです。