「白銀のジェルミナール」には、人類の敵であるジマーに対抗する多都市間連絡協議会の置かれた都市として「ケーニヒスブルグ」という名前が言及されますが、これはどう考えても「カリーニングラード」と記述されるべきでした。カリーニングラードは、バルト海に面したロシアの都市ですが、戦後にソ連領となる前はドイツ領であり、「ケーニヒスベルク」と呼ばれていました。一方、「時間通信ノ実現可能性ニツイテ」には帝国地理院の本拠地として「マリエンブルグ」という都市が登場します。これは我々の世界でいうところのマルボルクで、向こうの世界では帝国地理院の前身であるドイツ騎士団(チュートン騎士団ともいいます)の根拠地がおかれていました。カリーニングラードとは約150km、近いっちゃ近い距離にあります。
 たぶん、この二つがごっちゃになっていました。連絡協議会の根拠地をどこに設定するかを考えなおしてから本文を修正します。