こんばんは!
今回はあまり(あまり?)間を空けずに投稿できました。
まぁ再掲ですけどね……。
カクヨムでは初だったかもしれません。

ノベル大賞二次選考通過作です。
これを書き上げたあとすごくやり切った感覚に陥ってしまって、しばらく次の作品を書くことができませんでした。
昔とある賞の応募要項に『この時代に読まれるべき作品』という条件があったのですが、私の中でこのリブラはその基準に当てはまるものだったんです。
というのも、ライブに関するある記事を見て、この事実はもっと周知されないといけないと思ったからでした。
ちょっとネタバレになるので今は言わずにおきますが……。
まぁ再掲だし知ってる人は知ってるかもしれません。
この時代に読まれるべきと思っていたからこそ、受賞とはならずとも選考通過できて良かったです。
まぁ選評まだ来てないんで見るのはめっちゃ怖いですね!

あ、あとタイトルに聞き覚えがある方もいるかもしれませんが、私もそのバンド大好きです!
ぶっちゃけ言うと、初稿にはその歌詞引用していました(笑)

そして今は新しく児童向けのものを書いているのですが、来年くらいにお披露目できればいいなと思います。

リブラは毎週水曜日に更新予定なので、最後までお付き合いいただければ幸いです。