素敵なお名前ですね。

多大な労力を必要としたであろう。素晴らしいレビューをありがとうございました。
そもそも、この分量の作品を読了するだけでも大変だったと思います。

この作品はたぶん市場に合ってない。というか、合わせる努力の足りてない作品だと思います。

それでも、こういう楽しさがあるということが伝わって欲しいと思って尽力しました。
記号で分類すべきではない人間の深淵を意識して人物を配置しました。

レビューからはその細かい機微を堪能していただけた様子が受け取れたので。
作者としては本望です。