• 現代ファンタジー

脳戦記:特別講座はこうして生まれた

みなさん、お久しぶりです。田中ゆうとです。早速ですが、小説を書くのって難しいですね。僕なんてかれこれ5年くらい書いていますが未だに慣れません。特に説明と戦闘が難しいです。そこで僕は考えました。説明のための話を用意すればいいのでは?と。まあ、本では難しいかもしれませんが、『ネット小説』だからこそできる技かもしれません。まあ、この話には後々の伏線なんかも入っていて、ただの説明のためだけの話ではないのですが、『アヤ』を一人称にするの結構新鮮で楽しかったです。機会があればまたやりたいです。これからも、僕(と岳流)が不甲斐ないせいで足りていない説明描写は定期的に彼女に手伝ってもらいたいと思います。ちなみに、説明や伏線などには興味がなくて話を進めたい方は飛ばしても問題ない内容になっております。それではみなさん。また次話でお会いしましょう。

1件のコメント

  • はじめまして、カナリヤと申します!

    中学生作家様でしたか、いやぁ、すごいですっ!
    私の娘と息子が現在のほほん中学生なのですが、同じ中学生とは思えないw

    『僕は勉強しかできない』をお読み頂き、星までありがとうございます(^3^)/
    中学生のかたに読んで頂けるのはめっちゃ嬉しいですよ~、感激です

    田中様が希望の高校に入れることを祈っております!
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する