パーティーを追い出された元勇者志望のDランク冒険者、声を無くしたSSランク魔法使い(美少女)を拾う。そして癒される】

https://kakuyomu.jp/works/1177354054889457066


 本日で3章が終了となりました。いかがでしたでしょうか?

 本編はストレス展開を含めつつ、ロイドとリンカの関係の再確認を行いました。

 実はこの3章、完成原稿と現在掲載されているものとはだいぶ相違があります(笑)

 本当はもっとひどい内容だったんですよ。だけどもギリギリになって”こりゃダメだろ”と思いまして。

それでも名残を残しつつ、どうすればより良い方向へ持ってゆけるかと考えた結果、現在の形になりました。
かなりの突貫工事で、正直何日も悩んで、苦しんで、あまりよく眠れなかったのは、今となっては良い経験だったと思います。
人間、やってみりゃなんとかなるってね。
 もし、万が一、”3章没バージョン”を見てみたい、なんて方がいらしたら、ここにでもコメントしてください。
原稿は残っていますので……って、いないか。
  3章前の閑章「閉架書庫の幽霊」もプロット作成から本執筆までだいたい24時間(睡眠時間込み)で執筆しました。ちなみ構想10分、プロット作成30分。最速記録更新です。脳がはちきれそうになったぜ!(笑)

 と、本編3章と同じように、あたしも苦しんだ箇所となりましたとさ(笑)

 さて早いもので、続く【最終章】で本作は終了となります。

 まさに本作は【最終章】のためにあるといっても過言ではありません。

 一番気合が入っているのも【最終章】であります。

 なにせあたしは最終章や最終回って言葉が大好きですから。終わりがある物語が好みなあたしですから。

 故に【最終章は】一番長いです。そしてここがタグにもあります「マルチエンド」の箇所です。


  掲載開始は6/14(金)12:00~


 6/13はもし完成したら閑章を挟むつもりでいます。あくまで執筆が間に合えばの話ですが。

 【最終章】の終了はだいたい3週間くらいかかる予定です。
もしスケジュール的に月末月初に当たってしまった場合、本業の都合上、最後の最後で遅延する可能性があります。
あらかじめご了承ください。ほんと、月末月初は更新どころじゃないんですよ(笑)

 昨今、色々と今後に関して考えることが多々あり、もし執筆しつつの掲載でしたら掲載遅延やエターナルはあり得たでしょう。

 しかし! なんてったって、本作は完成済みなので、ただ粛々と上げ続けるだけです。ライン作業と変わりません。

 よかったらロイドさんとリンカちゃんの結末を見届けてやってください。お願いします。

 それではまた開始時点でお会いしましょう~

3件のコメント

  • こんにちは!
    ここにきて、初めてコメントさせて頂きます。
    今までコッソリ応援しながら読ませて頂きましたが、一言で言いますととても面白いです♪
    ロイドとリンカが二人で召喚した時なんか、ワクワクしたもんです!
    これからの二人に期待しております。

    「3章没バージョン」?そりゃ、読みたいですっ!
    かなりヤバイ?エグい?いえいえ!
    大丈夫!カクヨムさんで読んだお話しでは、もっとギリギリの内容ありました。(エグい、エロい等)
    私はヨム専なので、書いていい内容の規定まで理解していないので、こんな事言うと無責任になってしまいますが、全体的に見て「一部残虐描写含む」みたいなお話しはOKの様に見受けられます。
    機会があれば、ぜひよろしくお願いします(^-^)/

    いつも素敵なお話し、ありがとうございます(*´∀`)♪
    最終章、楽しみにしてます♪

  • あ!
    更新は、本業に支障の出ない程度に楽しみながらして頂けたらなぁ、と思います。
    フォローさせてもらってますので、更新ありましたら、「キタ━(゚∀゚)━!」って飛んできますね(笑)

  • >さく様

     こんばんは。遅くなりましてすみません。リアクションありがとうございます。

     お楽しみ頂けてるのでしたら、幸いです。

     3章没バージョンですが、エロでも、グロでもなく「こんな大人はダメでしょ!」的な展開だったので、今の形にしました。リアルっちゃリアルなのですが、エンタメ的には良くないなと思いまして。
     ですけどせっかくお声がけいただきましたので、カクヨムのみで没バージョンを掲載してみようかと思います。

     なるべく三章の記憶が残っているうちに掲載しようと思っております。
    その際はよろしくお願いいたします。

     では引き続きお楽しみください。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン