御無沙汰しています。 My です。
 お向かいのラスボスさん(以下、ラスボスさん)を読んでいただきありがとうございます。

 さてここでは、本編で語ることが少ない設定などを説明していきたいと思います。

 始めに舞台は、主人公たちの名前から察するに
 日本です。と言っても魔法や魔物やらが跋扈する世界なので
 異世界であることには変わりません。

 続いて、巫女の加護領域。
 こちらは、いきなり独特な用語が出てきて一瞬、どういうものなのかと思ったのかもしれませんが、
 簡単に言うと、魔物や獣から町を守る障壁みたいなものです。
 加護領域は、巫女が力を使い護るものですが、決して一人だけで背負ってるわけではなく、複数人の巫女が力を会わせて護っています。
 なので巫女であるアイカは、学校に行ったり普通に暮らしたりできます。
 はじめは巫女はアイカ一人にして、責任と重圧に耐えるキャラを作りたかったのですが、
 個人的な作風として今回は、世界は窮地だけどそれでも人々は、強く楽しく生きていくって言うものを目指しているので、
 別にそこにシリアス要素は入れなくていいかなと思い、誰でも気楽にいれるようにしました。

では、今回はこれで以上です。
また解説するべき用語があれば解説いたします。