麟子・秋埜の二人が主人公の話は、これで三作目の「わたしと彼女の、可愛き日々」開始しました。多分最終作になる、はず。
まあいろいろ進めないと自分的にヤバいネタは積み重なっていますが、ちょっと執筆の勢いつけたくて。何せこの二人の話は、会話がポンポン思い浮かんでスラスラ書ける。

ただし今回は今までのような重めのエピソードもある話ではなく、基本的に軽い百合コメディに徹します。
ので、前作を読んでなくても読める、というか前作までのノリを期待されると多少面食らう可能性。どちらかといえば、前作、前々作の軽いシーンが連続する感じになることでしょう。

とはいえ、二作目はさしてPV伸びてたりしないので、あんま読まれることとか意識せずに書きたいことを書いていこう。