いじめですか?嫌がらせですか?
これで俺の髪の毛が抜けたら、特別公務員職権濫用等致死傷罪(刑法196条)で告訴していいですか?

まさか1日2回もお手紙書くことになるとは思いませんでした。しかし世の中のコロナ騒ぎ、まったくもって収まる気配はありませんが、なぜか平日の昼間に家のまわりを出歩く機会が増えましたよね。

いつも早朝か深夜にしか出歩かない住宅街を出歩いているといろいろな発見があります。角の家の犬は二匹いたんだー、とか。あそこの家のカーテンピンク色だったんだー、とか。

平日の午前中だから若奥さんがエロい格好でゴミ捨てに行くところ出くわさないかな、とか思ったんですが、それはさすがになかったですね。

あ、家のまわりのお散歩は三密のどれにも当てはまりませんから積極的にやるべきだと思います。家から出るなということでなくて、人混みに行くな人混みを作るなってことですから。

そんなこんなで本当に作家のような、悪く言えばニートのような生活を送っているわけですが、心身のバランスに気を付けていきたいものです。



これは切り株ねむこさんの『おうちにいようよ~リレーお手紙プロジェクト』で薮坂さんから嫌がらせのように戻ってきたお手紙のお返事です。https://kakuyomu.jp/users/yabusaka/news/1177354054895732876

あいるさんとこの黒執事からの返事を書き終えてほっとしてたところにこれですもん。たまらんですよね。

次のリレーは、こちらもアンチ巨乳同盟で家庭の守り神夏緒さんにお願いします。きっと素晴らしいお手紙が私以外のどこかへリレーされるものと思います。

8件のコメント

  • 薮坂さんはすばらしいバディのようですね(笑)
    このリレー、おもしろ過ぎます!

    次は夏緒さん!!
    楽しみです〜♪

  • 『葉桜の君に』に星をくださってありがとうございます。
    ゆあんさんの企画、『筆致は物語を超えるか』の参加作品。他の参加作品を読んで、触発されて書きました。

    秋田が先生として問題が無いかや、桜子との歳の差など、受け入れられない人もいるかなと思いつつも、アンチ意見があることも覚悟の上で書きました。
    話が浮かんだ以上は、ちゃんと形にしてみたかったので。

    他の方々の作品と比べると至らない点も多いですけど、読んでもらえて嬉しいです(*´▽`*)

    お手紙リレー、面白い企画ですね。たくさんの人に、バトンが回ってくれたらいいですね(#^^#)

  • 薮坂さんのところから読みにきました。
    そうなんですよね〜髪の毛抜くのって、傷害になってしまうのか、美容院でもできないみたいですね。

    お散歩は良いと思います。私も雨が降らない限り家の周りをぐるり、よくしています。一昨日は見事な雨上がりでしたね。

    あ、葉桜でハゲナイようにお互いがんばりませう……
    葉桜の完成度はゆうすけさんにまかせました。

  •  はーい、パジャマでお邪魔しまーす。

     もしもし、わたし、誰だかわかる?
     銀河一の超絶美少女、ギャラクシーキューティー魔女っ子ゆきちゃんですよーお。

     奈月沙耶様の『鋭敏な俺と愚直な君』の応援コメント欄を見ましたー!
     まったく、なんということですか?
     薬師丸ひろ子さんの名曲が盛大にディスられているではありませんか💢
     もうっ! ぷんすかですっ!

     それはそうと、『葉桜の君に』は打ち止めですか? 赤い玉、出ちゃいました?
     いけそうなら、もう一、二作書いても良いですよ?
     さらなる魔球を生みだすも良し。
     今度はストレートで攻めるも良し。
     ボーリングに転向しちゃいましたというのでも良いと思います🎳
     べ、別に、あなたの物語が読みたいって訳じゃないんだからね💦

     私は薬師丸ひろ子さんのファンなんですからね。次、酷いこと言ったら、激おこぷんぷん丸ですからね?
    「それじゃパジャマでごゆっくり。NTT」

  • ゆうすけさん

    『朝霧小学校不思議クラブ』に星をくださって、ありがとうございます。

    小学生を主人公とした妖怪モノは、自分が小学生の時から書いてみたいと思っていたので、その気持ちを思い出しながら書きました。

    粗だらけなお話ではありますけど、読んでもらえて嬉しいです<(_ _)>

  • ゆうすけさん、こんにちは(*´∀`)ノ゙ チワ-ッス!
    RAYと申します<(_ _)>
    この度は、拙作「それでもスロットは回っている」に目を通していただきありがとうございます。また、応援&評価をいただき心からお礼申し上げます。
    これも何かの縁ですので、他の作品も拝読させていただきます。
    まずは、ご挨拶とおRAY……いえ、お礼まで☆彡

  • 「幸せってなんだっけ?」に星をくださってありがとうございます。
    元々ぼんやりと考えていた話を2020夏物語に当てはめてみたのですが、文字数制限のために相当駆け足&大事な部分をだいぶカットする事になってしまいました(;^_^A

    いつか完全版を書いてみたいです。

  •  ゆうすけ様、近況ノートにお越し頂きありがとうございます♡

     嫡出否認の訴えの出訴期間、『嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知った時から一年以内に提起しなければならない。』とありますね。条文が民法の第777条!!
     全然ラッキーセブンな内容じゃない!
     けれども、私の不備を指摘して頂けたのはラッキーでした。

     宇部様作品を拝読してて、何か方法はないかとネットで検索して、嫡出否認の訴えが出てきたので、その条文は確認したのだけれど★

     ところで、この民法という法律は、『生物学上の親子関係』よりも『法的安定性』の方を重視していますよね?
     宇部様作品でいうと、仮に桜子ちゃんと葉太先生に生物学上の親子関係(DNA鑑定で99%以上一致など)があるとしても、これまで父と娘として暮らしてきたという事実がある訳ですしね。これが揺らいでしまうのは確かに問題だと思いますね。
     けれども、父親の立場としてみたら、血をわけた娘だと思っていたのが、妻と不倫相手の子であったと判明して以降、これまでと変わらない愛情を注いでいけるものなのかどうか?
     桜子ちゃんが、葉太先生と紫陽さんとの間に出来た子だと判明したところで、葉太先生も桜子ちゃんもそのお父さんも、みんなが困惑するだけで誰も得をしない。
     だからこういうことは、調べずにうやむやにしておくのが一番良いことなのかもしれませんね。知らぬが仏とは、よく言ったものです。

     それにしても、法律の細かい部分によく気付かれました。
     大学生時代によほど熱心に勉強されていたのか?
     仕事柄、そのような法規に触れる機会があるのか? はたまた、他の事情がある?
     いずれにせよ、私にとっては幸運でした☆
     ありがとうございました❤

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン