皆さんはファンタジーといえばバトル!って感じませんか?……僕だけ?またまたそんな~。

そんなわけで!
皆さんが好きなバトル系はどっち?

1、主人公補正がかかり、一瞬で終わってしまうバトル

2、主人公は強いものの、一瞬で終わらずに長い時間激戦を繰り広げた末、勝利するバトル

3、その他(◀3の人はどんなのかな?)

13件のコメント

  • あまりファンタジーは読みませんが、2ですかね、

  • >蓬莱汐様

    おお、なかなか興味深いですね。

    僕はどちらかといえば②ですが、①で主人公の強さをアピールしておいてから、強い敵が出てきて②に変更、わくわく感(どうやってこんな奴倒すんだ!? みたいな)を演出する、というのはありますね。

  • 1ですかね。そこまでの助走を丁寧に書いて決着はスカっと一瞬でってのが好きですね

  • 私的には2かな……と。
    描写はなかなかむつかしいのですが「名試合」というものは、得てして強敵同士の戦いであり、死闘であると考えております。

     なんといいますか、できるなら主人公だけでなく、相手方の方にも幾らかの感情移入ができるといいかもしれません。または、相手をかなりの巨悪にして、打倒することでカタルシスを得るとか。

     ただ、1を書くにしましても、いろいろなパターンがありまして

    ・キノの旅のように淡々と相手を打ちのめす
    ・暴れん坊将軍のような勧善懲悪
    ・地球防衛軍のストーム1のような絶望的状況を打破する存在

    などなど、表現によって奥深くなるかなと。

  • ついでに、3ってどんなものがあるのかなって個人的に考えたのですが

    ・天狗になった主人公が鼻面をへし折られ、後日再戦の上で勝利
    ・人海戦術
    ・頭脳戦、心理戦で格上の相手を弱体化させて倒す

    くらいでしょうか。

  • 私も他の皆さんと同じで《2》ですね。

  • 3です。
    必ず『勝つ』と言う決まりを無くし、長期激戦であろうが、主人公補正掛かっても、結局負けると言う感じが僕は好きです。

  • 「初恋と幽霊」に星をくださってありがとうございます。


    アンケートの答えですが、重要な戦いでは2、それ以外では1です。
    敵を魅力的に伝えるには強さの描写は必要なので、じっくり描いてほしいです。
    ですが個人的にはあまりに戦闘描写ばかりだと疲れるので、強敵以外はアッサリ終わってくれて方が良いですね。

    どっちつかずの答になってしまいました。

  • 長文失礼します!
    私は読者が勝つと分かっている場合は「1」。

    負けるかもしれないと思っている場合は「2」。
    で、考えています。

    これは、「意味の無い戦いの描写は極力避ける」という僕のスタイルです。

    では、僕の考える意味のある戦いとは?

    ①戦いの中で主人公や相手の感情の変化が表現できる場合

    ②戦いの中で、物語の世界観や状況が説明できる場合

    ③読者が戦いの結末を楽しめる場合

    で、考えています。
    だが、しかし!
    それができているかと言われれば自信は有りません……。(徐々に小声)

  •  千石さんのコメントに共感します。
     自分がどちらを多く書いているかと考えると、1の方が多い気がします。戦いの描写が少ないというのも、理由の一つかもしれません。

     自主企画に参加させていただきました。
     この場を借りて、お礼申し上げます。

  • 一瞬とか長い時間がどの程度かわからないですが、長すぎず短すぎない、
    3~4手番くらいの長さで終わるのが好きです。

    一応(3)扱いですかね。

  • 3です!
    魅力的で強い悪役に主人公が鼻っ柱を折られる展開が好きです。
    その後その敗北を生かして主人公が成長する事を期待しますので、3が燃えますね~(#^.^#)
    (主人公最強の俺TUEEEにはなって欲しくないので、主人公単体では勝てない敵も存在してほしい派です)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン