自主企画用のノートです。結果発表はこちらで行います。
質問などもございましたらこちらへどうぞ。

自主企画はこちら。
https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054897480379

15件のコメント

  • 大変長らくお待たせいたしました。
    偽教授雨天杯、結果発表のお時間です。

    今回のグランプリは……ジュージさんの『えっちゃんへ』に決定です!
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897730611

    どんどんどんどんぱふーぱふー

  • さて、今回の出題は
    「雨が降っていることの意味が重要だと偽教授を納得させる」

    いつものことながら単純に小説として読めば他にも優れた作品はありましたが、
    全作品の中で、この作品が最も「雨であることの必然性が深い」と判断し、
    グランプリに選出させていただきました。

    物語の構造そのものは、人の業を描いたミステリーなわけですが、
    「雨の冷たさ」が肌寒さとして伝わってくるような中核シーンの描写には
    痺れさせられるほどのものがありました。力作だと思います。

  • では次。
    最後まで選考で迷ったので、準グランプリ、という形で発表いたします。

    『雨男』、おなじみ千石京二さんの作品です。
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897493231

    こちらは恋愛もので、雨の降っているシーンの「物寂しさ」は随一でした。
    上掲作とどちらをグランプリにするかはかなり迷ったのですが、
    「必然性」という要素を見て僅差で準グランプリとなりました。

    しかし、ひどい男ですよね、ほんと、三年て。地味に忘却封じの呪いをかけてるし。

  • では、全出品作品の講評に移ります。

    雨の国/橘やよいさん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897570812

    雨の降り続く国を訪れた旅人がその国の秘密に迫る、ファンタジック幻想譚。
    スタンダードな切り口で、読後感もよかったです。
    物語的な起伏が乏しいのも、いっそ味であるかもしれない。

  • 二人だけの雨/マレー・筆人さん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897613286

    老夫妻の日常を描いた、優しい雰囲気の作品でした。
    ……と書いた後でもう一回読み直ししたら、解釈を間違えていたことに気付く。
    割と面白い落とし方ですね。厳密に言えばお題違反かもしれませんが、
    まあ大目に見ましょう。

  • 赤い傘/ジュージさん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897730448

    グランプリ作と同じジュージさんのもう一本の作品。
    こっちは非常にベタなホラーでした。ちょっと現代落語っぽい。
    ちなみに落語は笑劇ばかり有名ですがホラーも一ジャンルとしてあります(どうでもいい)

  • refrain/森山 満穂さん

    すいません、読みましたが、これはさすがにお題の条件を満たしていません。
    したがって講評なしとさせていただきます。

  • 雨が降る日は天気が悪い/あきかんさん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054897968128

    ディストピアSFですかね。落ちはちょっとひねりが効いてました。
    しかし、全体的には正直なところ説明不足でよくわかりません。

  • 雨宿り/夏野けいさん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054899501228

    技巧に優れた小説でした。予想外の展開、そして巧みな心理描写、
    どこをとっても一定以上の水準にあるのですが、
    「雨天杯」のお題の消化という点だけはもう一つかな、と思い、
    惜しくも各賞からは外れる形となりました。

  • 雨の日の女/@aoibunkoさん
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054901300557

    ホラーかと思ったらミステリ。それもまた一興。
    雰囲気的には割と好きな感じの作品でした。
    ただ、これも雨でなくても成り立つ作品かな。

  • というわけで、『偽教授雨天杯』はこれにて終了です。
    ご参加の皆様、読者の皆様、まことにありがとうございました。

    どんどんどんどんぱふーぱふー

  • 企画、お疲れ様でした。講評ありがとうございました。

  • 企画の主催、お疲れ様です。
    講評ありがとうございます! グランプリ、嬉しいです! 『えっちゃんへ』は自分でも気に入っている作ですが、やはりいただいたお題がよかったと思います。
    『赤い傘』もベタベタですが笑、楽しく書かせていただきました。「現代落語っぽい」は嬉しいご感想です。
    落語の怪談ものもありますよね。一度聞いてみたいものです。

    この度はいい機会をいただき、ありがとうございました!

  • こんばんは。橘やよいです。

    企画の主催お疲れ様でした!
    講評もありがとうございます。
    淡々とした話にしようと思っていたので、「味があるかもしれない」とのこと安心いたしました。
    とはいえ、もうちょっと起伏つけた方がよかったかなと反省はしつつ。

    また機会がありましたら企画に参加させてください。
    ありがとうございました!

  • お疲れ様でした! 選評、ありがとうございます。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン