引き続きテレワーク中のシカダです。
 さて、まずは先月の発言を振り返りましょう。

 >しばらくは『星崩し』を書いていくつもりですが、
 >飽き性の自分を信じていません。
 >不定期に、色んな作品を書いていければ幸い。

 ごもっとも。飽きたわけではありませんが、『星崩し』は諸般の事情で一時的に書くのをやめています。その代わりに新しい作品の公開準備を進めています。『ほうかご探偵奇譚録』の新章かもしれませんし、過去作のリメイクかもしれませんし、完全新作の可能性もあります。

 自分は、論理的に考え、感覚的に活動する人間です。筋道立てて物事を考えていても、「これはダメだ」と感じたら方向性を修正する、良いとも悪いとも言えない人間です。客観的に見れば一貫性がなくてダメだと思います。そういう人間にとって、小説の連載はイケてない作業です。後から修正したくなる可能性が高いのだから。ですが治すつもりも、止めるつもりもありません。感覚的に動くのが自分のサガであるのなら、その感覚に従うまでです。自分の感覚を信じます。

 読者の方々には、裏切ってばかりで申し訳ない気持ちでいっぱいです。だからこそもう隠しません。自分は自分が面白いと結論づけたものを、一縷の遜色なく書き出していきます。それを面白いと思うかは自由です。誰にも決められません。評価をしてくれとも懇願しません。嘘です褒めてほしいです。叩かれても凹みませんが、褒められると人は伸びます。単純です。再三いいますが是非は人の自由です。ただ、書く。それだけです。

 ではまた!