ようやく登場、第三章です
正直書くのが大変でした。もっと文才が欲しい。実はこのシリーズ全五章の予定なので、これで半分過ぎたということになります。だんだん伏線も張っていってるので、最終章までお付き合いくださいませ