宮間さん、レビューありがとうございます!

「誰か」ですね。今回は、知らない誰かが訪れましたが、これが知っている誰かでも、同じ嘘を付いてきたら一気に怖くなるから不思議ですよね。
裏のある嘘は日常的に潜んでいますが、時と場所が非日常だと怖くなったりするから面白いですね。
よくあるひねった話だと、住んでいた住人も本来の住人ではない泥棒とかもありますが、ひねり加減も難しいですね。

この話は、見て頂いてる人も比較的多くて、やはり、身近に起こりうる恐怖は印象が強いんだなと思いました。ホラーを書く上で意識していきたいです。