• ラブコメ
  • 異世界ファンタジー

趣 味 で 書 い て る フ ァ ン タ ジ ー

 やっと暑さが収まってきたかもしれぬ9月。
 セミたちの大合唱も下火になり、最近は耳にやさしい環境になってきていると思う。ま、結局これからは台風さんがやってきて豪雨のオーケストラとなるんですけどね。

 わたくし水埜アテルイはラブコメを書く人間であり、これからも恋愛に関する物語を書くと思うのですが、もともとはSF映画やサスペンスが大好きな万年中二病患者の成人男性です。

 好きな小説は『虐殺器官』!
 好きなラノベは『紫色のクオリア』!
 好きな映画は『GATTACA』!
 好きな漫画は『AKIRA』!
 好きなアニメは『新世紀エヴァンゲリオン』!
 好きなアニメ映画は『Vampire Hunter D Bloodlust』!
 好きな音楽は『交響曲 第9番 ニ短調 作品125/第4楽章』!
 
 うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
 といったようにシリアスな感じがだいしゅき。
 なぜ好きなのかと訊かれても「遺伝子に問え」としか言いようがない。
 振り返れば、わたしが消費してきたエンターテイメント作品の中で涙したものは、やっぱりシリアスな物語。もしかしたら前世はシリアスな死に方をしたのかもしれない。
 そう、現世もシリアスでいくことは必然だと思った。
 なのでシリアスな物語——趣味全開の自慰的作品を書き始めました。


 【あなたの自由の物語】
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054919005809


 作中では様々なシリアス展開がありますが、そのモデルは現実世界の出来事を参考にしています。
 第1章はメキシコ麻薬戦争、第2章はシエラレオネ共和国内戦とウガンダのLRA(神の抵抗軍)をモデルに書いています。
 第3章以降もモデルを用意して書く予定。
 
 Web小説向きではないことは書く前からわかっていました。
 昨今のWeb小説やライトノベルの傾向は、【いかに即席で気持ちよくなれるか】。
 編集者さんにも似たようなアドバイスをいただきました。
 わたしも同感です。
 2000年初期と比べ、天才型の主人公が猛威を振るっていますね。
 その理由は現代人の時間不足や古き精神論の否定、抑圧社会からの解放願望などなどあると思いますが、まぁいいんじゃないでしょうか。わたしだってバットマン好きですし、お兄様も好きですし。
 
 ともあれ消費する側ではなく生産する側(書き手)となると、やっぱり【即席快感感度3000倍】的なものはわたしには書けないんですよね。
 
 そういった心境でシリアスな物語を書きました。
 熱狂的な洋画ファンなので映画的な表現も意識してます。
 映画好きと言えば最近話題のジャンプ連載『チェンソーマン』。
 もうドストライクよ。作者の藤本先生が映画好きと聞いて、勝手ながら一体感を得た。しかも先生、結構コアな作品観てますねぇ?(ニチャァ)そのオマージュ、わかってますよぉ?(ニチャァ)

 以上、洋画オタクでした。

 Twitter @Aterui_Mizuno
 https://twitter.com/Aterui_Mizuno

3件のコメント

  • あらすじ的に読み始めるのに精神力要りそうだったので、気持ちが楽なときに着手しようかなって見守ってます
    いろいろ立て込むと頭空っぽで読める気楽なのから手が伸びてしまうってのも「即席」を求める現代人的なのかな
  • 抱月さん

    自分でも「きついなぁ……」と思うときがあるので本当に余裕があるときに!!!
  • 縦横斜夢さん

    インプットのほとんどは洋画ですのでジョークの素も洋画ですね笑
    がんばります!!!
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する