まずは皆様、ご参加ありがとうございました!
主催者の好みな作品が多く集まり、読書意欲を非常にそそられました。
ですが予想以上に集まりまして……すいません。今回は全ては読み切る事は不可能でした。
まがりなりにも、賞を出す身としては読了すべきだと思い、参加期間を伸ばして読み進めてきましたが、やはり無理でした。
もう少し伸ばし、全ての作品に目を通すべきか迷いましたが、下手に引き延ばすのもどうかと思い、今回は参加表明を頂いた作品の中から選定させて頂きます。大変申し訳ありません。

それでは、発表させて頂きます。
まず、「ベストマボロシ賞」は……青貴空羽様の「月が堕ちた夜」です。
病魔に侵され死に近い少年と、摩訶不思議な少女の出会い。もうね、設定が大好きなんですよ!摩訶不思議な少女は少年の見る幻想か、夢かあるいは本当に存在していて、死神か天使の如く最後の夢を見せにきたのか――
夢か虚ろか。素晴らしいマボロシでした!

では次は「いいね賞」を何作か発表させて頂きます。
坂上様の「浮帽子」です。
まるでドラマのような筋立てと、幽霊との不器用な交流が素晴らしいです。
作者様は保育園に詳しいなあ~と思いながら読みました。

伊乙式様の「憑依騎士道」
異世界もののラノベ仕立ての物語で、しっかりした物語と幽霊を憑依させる少年やそれを取り巻く人物、陰謀や活躍が素晴らしい作品でありました。完結おめでとうございます!

神木清隆様の「生きる悲哀と臨床師」
施設における現実的なお話であります。
現実は物語のように解決しない。ただ、重く引きずるように生きていくだけ。

最後にラーさん様の「赤目センリ」
和風テイストの作品で、赤目の芸妓とアヤカシ達が織りなす物語。
なかなか独特な文体であり、印象に残りました。

賞受賞作品は以上となります。
お断りですが、これらの選定は主催者の独断と偏見であり、自主企画を少しでも楽しんでもらう目的のものであります。
全作品を読むことは叶わず、不公平な選定となってしまった事は返す返す申し訳ありません。

これを持ちまして、マボロシ杯は終了とさせて頂きます。
多数のご参加ありがとうございました!


 

5件のコメント

  • 自主企画開催、お疲れさまでした。
    いやー、私の好みに合った面白い企画でした!
    こちらの参加作品の中から、新しい作品との出会いも起こりましたし、ありがたく思っています。ぜひ、第二回の開催も考えていただけたらと思います^^

  • ありがとうございました。
    二回目……は現在、検討中ですね(笑)

  • 白河律さま、自主企画お疲れ様でした!
    貴重な経験をありがとうございました(*´∀`)次は選んでもらえるよう頑張ります笑

    素敵な作品が、たくさん集まって新しいお話にも出会えたので企画開催してくださった白河律さまに感謝です✨✨

  • ありがとうございます!

  • 「浮帽子」作者です。
    マボロシ杯お疲れ様でした。「いいね賞」の選出大変嬉しく思います。
    選出作には、気になる作品がいくつか……これを縁に拝読させていただきます★

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン