騎士と姫君 9

「きもちわりぃ……」


 ガルデが口元を押さえながらぼやいた。リドレーフェも少しうつむいていたが、心配そうに見守る顔に、何とか微笑みを返す。


「慣れてないと、酔うことあるケドすぐ治るヨ。エフィーゼ、ここ、ドコかわかる?」


 ザラに問われ、エフィーゼは視線を景色へと向けなおした。『ゲート』から放り出されるようにして降り立った場所は、濃い緑に覆われている。

 触れる空気は確かに故郷へと帰ってきたことを実感させたが、普段よく来る場所ではなかった。しかし、記憶と照らし合わせているうちに位置関係が掴めてくる。


「アスサラの森ですね、恐らく。メレスティラの北西に位置しています。街はこの場所からは見えませんが……あちらの方角だと思われます」

「三人が『ゲート』に巻き込まれたのはお城の近くだったから、ここまで動いてから定着したのね」


 伸ばされた指先を目で追って、マリーは言う。

 マスターによると、彼女たち以外に『ゲート』を通った者の痕跡はないとのことだった。定着するまでの間、新たに巻き込まれる者が出なかったのは幸運といえるだろう。


「とにかく、オウンガイアへと戻ることが出来ました。改めて御礼を申し上げます。――急ぎましょう」

「エフィーゼ! ちょとストップよ! ……このままで行くはデンジャーね。まずは姿をチェンジするよ」


 言うが早いか、ザラは取り出したステッキをくるくると回し始める。


「えと、ちんとんしゃん、へべれけへべれけおウマがトール!」


 それから唱えられた謎の即興呪文により、皆の姿が白い煙に包まれ、一瞬にして変化した。


「あら……これはまた地味に」

「本当! マリーちゃんは町の女の子Aで、あたしはBって感じ」

「すげー! 姫様も普通の女の子になっちゃった!」


 それぞれの特徴は残しているものの、服装を含め、受ける印象はずいぶんと変わっている。

 はしゃぐ三人に、ザラは得意げな顔を見せた。


「ジミーに見えたほうが、調査にはベンリーね」

「僕にも見して見して!」


 祥太郎しょうたろうがマリーから手鏡を奪うようにして、自らの姿を眺める。


「マジだ。超地味な雰囲気に――」

「ショータローはあまり変わらないわね」

「え」

「確かに。――じゃなくて、祥太郎さん、えーと、素朴さが魅力だから」

「じゃああとは、わたしの結界で身を隠して……と。それじゃ、街まで移動しましょうか。ショータロー、お願い」

「…………」

「ショータロー、なにボーっとしてるのよ? 早くしないと!」

「あ――りょ、了解!」


 慌ててパチン、と指を鳴らす祥太郎。

 周囲の景色は水に溶かしたように歪み、再び別の景色へと描きなおされる。


 ――次の瞬間には、周囲に人がいた。建物に囲まれた大きな広場は白い石畳が敷き詰められ、赤や黄色、鮮やかな色をした布に覆われた露店が並んでいる。


「ここって……市場じゃない? 何でこんな街のど真ん中に転移させるのよ!?」

「い、いや、少し動揺して」

「しっ、怪しまれてるヨ」


 ザラが短く言って、皆を広場の端まで誘導する。

 鎧を身につけた中年の男は、話し声が聞こえたことに不審げな顔をしていたが、気のせいと思ったのか、また歩き出した。

 マリーは近くに人がいないのを改めて確認してから、固まって立つ全員を包み込むように結界を張りなおす。


「これで大丈夫。外に声は漏れないわ」

「空気穴は?」

「……それもご心配なく」

「今のって、格好からして兵士? イディスってやつらかな?」


 改めて広場を見ると、鎧を着た男女が目を光らせているのが目立つ。

 場所の広さに対して露店の数は明らかに少なく、客の姿もまばらだ。その状況で活気のあるやり取りなどあるはずもなく、時折ぼそぼそとした話し声が聞こえるだけだった。


「はい……それ以外には考えられません」


 祥太郎の問いに、エフィーゼは声を絞り出した。リドレーフェも無言で唇を噛む。


「三人とも、落ちつくのヨ」

「承知しております」

「わたくしも、大丈夫です。皆様の指示に従います」

「おいらは姫様に任せる!」


 ザラの言葉には、予想よりも冷静な反応が返って来る。彼女はほっとして頷くと、再び広場に目を向けた。

 エフィーゼたちの話からすると、城での戦闘が起こったのは昨日か一昨日。そもそも別の世界同士をつなぐものである『ゲート』間の移動は、時間のずれを引き起こす場合もあるのだが、その調整も上手くいっていると聞いた。


「このブンだと、戦いはオワタのね。でも詳しいこと誰かに聞いてみないとワカランチンよ」

「兵士さんがこっちに向かってきます!」


 理沙りさの鋭い声に振り向くと、一人の兵士がこちらに向かって歩いてくるところだった。見つかったということは考えにくいが、もし接触されれば、何かがここにあるということは知られてしまう。


「とりあえず飛ばすよ!」


 口に出すと同時に、祥太郎は全員を一気に転移させる。目標としたのは、向かい側に見える人通りのなさそうな道だった。


「……おぇ、これも何回もやると酔う」


 またふらふらとしているガルデの背中をリドレーフェが撫でつつ、静まり返った通りを歩く。


「ここは、本当にメレスティラなの? あんなに活気があったのに……もう」


 そこまで言って、彼女は口をつぐんだ。そして首を小さく振る。


「いえ、きっと大丈夫。……そうじゃなかったとしても、わたくしたちで乗り越えなければならないわ。アパートの皆様にも、せっかくこうしてご助力いただいているんだもの」

「そうですよ、姫様」

「あのお店、開いてますね。行ってみません?」


 その時、壁のように冷たく閉ざされた街並みの中に、ぽっかりと空いている扉を見つけた理沙が声を上げた。

 そちらへと向かうと、食堂と思われる小さな店内には、ぽつんと座る老女の姿だけがある。

 彼女は突然姿を現した一行に驚いたように顔を上げてから、申し訳なさそうに首を曲げた。


「すみませんねぇ。もう何もなくて」


 それから少しの間、沈黙が流れる。


「あの」


 それを破ったのは、リドレーフェだった。


「……何か、あったのでしょうか?」


 店主は不思議そうに胡麻塩頭ごましおあたまを傾げ、少し考えてから言葉を発する。


「食材は、全部兵士さんがたが持ってっちゃってね」

「そうではなく、あの……陛下や、お城の方々は」

「あんたがた、知らんのかね?」

「それは……」

「あのー、ワタシたち、旅の芸人なのヨ」


 言葉に詰まったリドレーフェに代わり、口を出したザラを、老女は舐めるように見た。


「芸人? それにしてはまた地味な」

「そんなのはお化粧でバケバケすればOKよ? そんなことより、来たばっかりのワタシたちだから、お国のことが知りたいのネ」

「バケバケ? ……まあ、あんたがたもこんな時にめぐり合わせて大変だったね」


 それから彼女は、店先へと一旦顔を出し、何度か周囲を確認した後、扉を閉める。


「……メレスティラは、イディスに占領されちまったんだよ。姫様の誕生パーティーの時、お城で騒ぎがあって、気がつけばこの有様さ」

 彼女はやれやれと首を振り、小さく震えるリドレーフェの前で、その言葉を口にした。


「王様とお妃様も、処刑されるって」

「姫様!」


 ガルデが崩れ落ちる体をとっさに抱きかかえる。


「……ごめんなさい。大丈夫です、ガルデ」


 リドレーフェは顔を両手で覆い、荒い息を立てた。覚悟はしていたことであったが、まだ細いその体で受けるには、重い宣告だった。


「姫様? この子が?」

「お、お姫様役なんですよ! 彼女、カワイイから」


 理沙のフォローにも、店主はまた首をかしげる。


「地味だけどねぇ」

「――誰か!」


 そこで唐突に割って入った、切羽詰った声。

 皆吸い寄せられるようにそちらを見た。――店の外だ。

 続く悲鳴に、誰からともなく飛び出していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます