第5話 ムサシの真骨頂

「楽しい楽しいおしゃべりの時間は終了だ。行くぜ」


 軽口を叩きつつ、俺は先頭の機兵に向かって駆け出す。 一機ずつやるしかねぇ。


「……この機兵の名前はムサシ。世界に十数機しかないとされる、異世界人によって作られた第一世代型機兵」


 唐突に、リーナがそんなことを呟きだした。

 ……何やら重要な単語がいくつかあったみたいだが、今はそれを追求している暇は無い。


「何、言ってるんだ? リーナ」


「この機兵……ムサシに隠されている、奥の手の話です。私にはとても制御できなかったのですが、貴方ならあるいは……と、思うのでお話します」


 ちらりと、リーナの横顔を盗み見る。そこには、迷いの無い、凛とした表情が浮かんでいた。


「それは機密じゃねえのか? そんなことを話すなんて、なんでそこまで俺を信じられる? 見ず知らずの俺をよ」


「他にあてが無いだけです。今この状況を打破するには、貴方にあれらを倒してもらうしかない」


「――それもそうか。まあいい。とりあえず、それはとっとけ。出来る限りのことはする」


 俺はにっ、と笑みをつくり、リーナを見る。

 そんな俺を、リーナは真っ直ぐ見返してきて、


「わかりました」


 と、力強く頷いた。


「さて、と。難しそうではあるが……この状況から、生き残れたら後で高級料理でもおごってくれ」


「なっ……!」


 俺は再び適当に軽口を叩きつつも、目の前の敵に集中する。


『きたぞっ! 奴は一機だけだ。囲め!』


「そう簡単に囲まれてたまるかよ!」


 俺は一番先頭に居たゴリラに、刀を振り下ろす。 

 ズギャン!

 一刀のもと、真っ二つにされたゴリラが足元に転がる。

 ……ちなみに、今割りと派手な音が出たのは、相手が刀を盾でガードしたからだ。だがしかし、ムサシの刀はそれをいともたやすく切り裂く。完全にチートだろ。ゲームバランス崩壊もいいとこだ。


『やらせんぞっ!』


 一体目を斬った時点で、横から攻撃がきた。


「っと」


 間一髪でそれを躱すと、数機がマシンガンで俺を足止めしつつ敵がバッと散開して、大きな輪を作る。


「くそっ!」


 完全に開かれたら厄介だ。せめても、と俺は手近な一機に刀を振るが、刀を振るコースが限定されているから……ぎりぎり、届かない。あと九機。

 敵機は、序盤と全然違う隊列を完成させていた。全員、俺の刀が届かず、それでいて隙無く俺を囲んでいる。


(ちっ、そう来たか……)


 このまま輪の大きさを縮めていき、俺を包囲する魂胆だろう。それも、一斉に。

 そして俺には、どうやらこの包囲を突破するのは難しそうだ。五、六機は斬れそうだが、さすがに全機は厳しい。そうなればすぐに追いつかれてしまい、倒されてしまう。

 ホント、WRBだったらこんなのわけねーのに……


「おい、リーナ。続きは?」


 俺は、せめてもとばかりにマシンガンを撃ちつつ、リーナに訊く。


「……降参が早いですね。とっておけと言ったじゃないですか」


 リーナは応えて、急に後ろでゴソゴソし始める。


「想像以上に敵の指揮官が優秀だった。つっても、そこそこ、止まりだけどな。ただ、命令の伝達が早いし、なによりこの機兵が近接戦闘型だと見抜いたみてーだ」


 と、いうより、最初から知ってたんだろうけどな、この機兵のこと。

 じりじりと包囲を狭めてくるゴリラども。


(チッ……なんとかしねーと、ヤバイなこれは。このままじゃ)


 俺が心の中で呟いたとき、剣を持っていた数機 が手に持っている武器を、剣から銃――たぶんマシンガンなんだろうが――に持ち替えた。これで、全員がマシンガンを構えていることになる。

 一斉掃射と同時に突撃か? 勘弁してくれよ……


「おい!」


 もはや一刻の猶予も無い。俺が叫ぶと、


「すいません、もう少し待ってください……あった」


 どうやら、リーナはずっと探し物をしていたようだ。それが、奥の手とやら何だろう。


「これです!」


 リーナは、一冊の本を俺に見せた。

 そこには、日本語で――彼女らの言うアルファ語(?)で――こう、書かれていた。


『ムサシ完全攻略本』


 …………


「なんだそれは」


「説明書です」


「それは、見たらわかる。ネーミングの方を訊いているんだが」


 ネーミング、と俺が言うとなぜかリーナはキョトンとした顔になったので、俺は「あー……名づけのことだ」と言うと、ポンと手を打った。


「父がかっこいい名前を付けたいと言ったので、こうなりました」


 よく見ると、その表紙だけ妙に新しい。作り変えたのか。バカじゃねーの!?


「尋常じゃねえな……で? それがなんだ?」


「このページです。奥の手である……モードⅡ『サムライモード』の操縦法です!」


 リーナは俺にそれを見せつつ、さらに懐からネックレス――なんかUSBみたいになってる――を取り出し、それを差し込む。


「なんだそれは」


「ドウェルグ家に伝わる、 首飾りです。細かい説明は省きますね。要するに『サムライモード』へ変えるための鍵です!」


 リーナが、差し込んだネックレスの上を人差し指でなぞると、画面に、


『サムライモードへ移行します。よろしいですか? はい いいえ』

 

 と、出た。

 俺はリーナがそんなことをしているのを尻目に、必死でムサシを操縦しつつ、説明書を読む。

 ……確かに、言うだけあって操縦は難しい。しかし、動きは段違いによくなるだろう。これは紛れも無く奥の手。この状況を打破できる最良手だ。


「こ、これは……いや、そんなまさか……っ !?」


 だが……俺はこれを読んで、震えが止まらない。こんな……こんなことがあるのか。奥の手がこれなんて。俺に、これは……


「ユーヤ! 説明書は読みましたか!? ……って、どうしたんですかその震えは!」


「あ、ああ……だ、大丈夫だ」


「ま、前を見てください! 敵が来ます! もう変更しました!」


 俺が画面を見ると、右側に――


「装備変更 機関銃 → サムライソード」


 ――と出て、ムサシの全身の姿が映し出される。機関銃を背に仕舞い、腰からもう一本の刀を抜いたのだ。

 二本の日本刀を凛と構えている姿はさながら……


「侍、だな」


「な、何を言っているんですか。早くムサシを動かしてください! そ、それとも……やはり無理なんですか!? 操縦できないんですか!?」


 俺が説明書を閉じ、後ろに投げる。


「な! なんで! なんでそんなことを!」


「必要……ないからな。俺には……くくっ」


 そう言って俺は、操作パネルに――サムライモードになって操作方法が変わったからか、さっきとは少し違っている――肘をつく。そして……口から、さすがに笑いがこみ上げてくる。今さら気を張ったって無駄だ。


「そ、そんな……じゃ、じゃあ! 戻しましょう! せめてそれで戦い……」


「もう遅い」


 俺が言うや否や、敵のボスであろう機兵のスピーカーから、


『敵機沈黙! 今だ、全機突撃!』


 という声が聞こえ、同時にマズルフラッシュと銃声が響く。

 ガガガガガガガ!!


「きゃあーっ!」


 リーナは叫んでうずくまるが、俺はそちらを見ないで、目の前の操作パネルに手を置く。

 ――この「サムライモード」とやらの動かし方は……ある意味、俺にとって誤算だった。 誤算だったのは 、その難しさじゃない。


「うおおおおおおお!!」


 俺は、カッ! と目を見開き、これ以上なく慣れた動作で――いや、まるで自分自身の手足かのように、ムサシを動かす。

 キンキンキンキンキンキン!!!!

 飛来してきたすべての弾丸を 弾き 、そのままとりあえず目に入った一機をぶった斬る。


『なっ! この動きは……』


「くく……あっはははは!」


 笑いが止まらない。武者震いが止まらない。 この喜びが――止まらない!


「二度と対人戦は出来ねえと思ってたぜ……なあっ!」


 さらに俺は弾丸を斬りながら 敵機にジリジリと 近づき、片手で一機ずつ斬る。


「ゆ、ユーヤ……これは!?」


 起き上がったリーナが、唖然とした表情で、俺を見てくる。さっきからあわてたり、 驚いたり、 忙しい奴だ。

 さっきまでも一応対人戦はしていたが……それはあくまでもお手軽モード。やっぱり、手ごたえとか面白みが違う。


「さあ、死にてえ奴からかかってこいよ……ぶった斬ってやる!」


 俺は吼えて、刀を振る。


(残りは……六機か)


 俺にはもうマシンガンなんて通用しない。それを悟ったのか、ゴリラは剣に持ち替えて俺と対峙する。


「よっと」


 俺は敵の剣にサムライソードを振るい、鍔迫り合いに――ならず、そのまま敵機の剣ごと機体を斬ってしまう。


『なんだこの動きは……戦場で何百機と倒してきた精鋭ですら、ここまでの動きはできんぞ。この平和ボケしていた小国に、ここまでの使い手がいるというのか!』


 スピーカーから、 少ししゃがれた声 が聞こえる。 


「す、すごい……っ! お姉さまですら、モードⅡを動かせるようになるまで、三ヶ月を要したのに……一瞬で使いこなすなんて」


(……ああ、そうか。こっちの世界には無いんだろう)


 まあ、確かに俺は機兵に乗っての実戦には出てないな。だが、このロボットを動かしたことは、ある。それも毎日、飽きもせずに。

 何百機と倒してきた精鋭? バカか。桁を二つ上げて出直してこいよ。 それでも俺には到底及ばないけどな。


「それにしても……なんで『サムライモード』の操作方法が……WRBと一緒なんだ?」


 そもそも、「サムライモード」になる前の時の操作方法は、WRBのお手軽モードとよく似ていた。レーダーがあるとこ ろや、 視点以外は、だいたい一緒だったから、もしかして「サムライモード」も、とは思っていたが……まさか、そっくりそのまま同じだとはな。

 俺はさらに一機の首をはねる。


「さて、と。スペックに頼り切りもいかがかと思うんでね」


 俺は次の機体の方へ向き、刀を構える。

 今まで、ムサシのスペックに頼ってたからな。ちょっと本気だそう。

 ゴリラの中の一機が、気が狂ったみたいに剣を振り回しながら、俺に突進してくる。


「ゆ、ユーヤ!」


「どうした? リーナ」


 俺はその剣を丁寧に躱し、勢いあまって地面に刺さってしまった剣の上に乗り、跳躍する。

 ゴリラの顔が空中にいるこちらを見ている。


「あばよ」


 俺は空中で剣を三回振り、首、両肩を斬り落とす。


「…………え~?」


「慌てる必要なんてないぜ? だって、もう負けるはずがないからな」


 俺の操作技術と、ムサシの刀の異常なまでの切れ味に、スピード。こ れら があって負ける ような相手がいるんなら、そいつはきっと世界を滅ぼせるだろう。

  とはいえ 、この機体じゃなかったとしても、負ける気はしないが。


「あと一、二……三機か。よし、一気に行くぞ」


 俺がそう呟いた瞬間、奴らも一斉に動いた。

 今までは一機ずつ倒されているからか、固まって総攻撃すれば勝てると思っているのかもしれない。


「まあ、 一斉に来てくれた 方が早く片付くからいいか」


 対して、俺は左手のサムライソードを前に、右手のサムライソードを腰だめにして半身で構える。

 断っておくが、今から出す技の名前を考えたのは俺じゃない。基本的に、俺は自分の技名は考えてない。ギャラリーが名づけたものだ。 中二病的な感じだが。

 俺は敵機を見据えて、呟く。


「三連・トライホーンピアーズ」


 ムサシを走らせ、トップスピードになったところで、その勢いをすべて右手のサムライソードに乗せて三連続の突きを――放つ! 放つ! 放つ!

 ズガガガンッ! 

 三機が十メートルくらい、凄い勢いで吹っ飛んでいく。 

 ――本来、この技は防御力の高い機体相手に攻撃を一点に集中させてガードごとぶっ飛ばす技として考えた。そのために必殺の鋭い一撃ではなく、力ずくの重い一撃を目指したんだが……いやはや、この機体どうなってんの? 敵機が爆散したんだけど。


「……あの爆発では、中の人間は助からないでしょうね」


「……ああ。だろうな。……で? どっちだ?」


 俺は、ぶっ倒した敵機には目を向けず、リーナに訊く。


「 あ、 あちらの方向に町があります」 


 リーナが指を指す方向に、俺はムサシを走らせる。


「OK。じゃ、急ぐか。落ち着きたいし、これからについて考えなきゃいけないからな 」


「え、これから、ですか?」


「ああ、当たり前だろ。とにかく急ぐぞ」


 機兵を、豆腐のように斬り割き、トマトみたいに爆散させる。

 この力は、俺には重すぎるような気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます