第53話 お前ら、出る作品間違えてないか?

「さて、どうするか」


 子供たちが泣いてるのを見つつ、俺はライアの方に向き直る。


「この中に、さっきスーが言っていた保護者の女はいない。だからどっか別のところにいると考えるのが当然だが」


「さて、そのどっかというのがこの世ならいいんですが」


 そうなんだよな。

 今回の敵の狙いが子供たちだった場合……その邪魔となる彼女はもう殺されている可能性がある。

 そしてその事実をスーに伝えるのは――


「ちょっと、酷かもしれねえな」


「とはいえ、伝えなくては始まりません。それを判断するにしても、私たちだけで判断してはいけないでしょう」


 これで進むにしろ、戻るにしろ、な……

 俺はため息がつきたくなるのを堪えて、スーの方へ歩いていく。


「おい、スー」


「な、なんでござるか?」


 もみくちゃにされているスーを一度引っ張り出し、ライアに子供の世話を一瞬任せてから、こそこそと耳打ちする。


「(言いづらいことだが――)」


「(……分かっているで、ござる。ここに彼女がいないということが、一体どういうことなのかは)」


 スーが、かなり悲痛な声を。押し殺しながらギリッとこぶしを握り締める。

 その姿を見て、なるほど――と、少し納得してしまった。

 こいつも、やっぱりそれなりに経験を積んでいる、男なんだ。

 ……よし。


「(取りあえず、子供たちを連れて帰ろう。じゃないと、身動きがとれない)」


「(……了解したでござる)」


 少し冷静になっているからか、今までのように取り乱すことも無く、俺の意見に了解する。

 しかし、本音の部分では納得していないらしく、握った拳からは血が垂れていた。

 ……だが、なぁ。


「それで、ユーヤさん」


 ライアが普通の声量で話しかけてきた。

 まあ、もう子供たちも泣いてしまっていることだし、普通の声量で話してもいいか。


「なんだ、ライア」


 俺が尋ねると、ライアはいつも通りの顔で廊下を指さした。


「向こうから、人の気配が。二十人弱ですかね」


「先に言えよお前は!?」


「気づいているものと思っていましたから」


 ニヤニヤ顔のライア。こ、この野郎……。


「あー、くそっ……」


 頭をガシガシと掻くが、特に何かいいアイデアが思いつくわけでもない。


「子供たちをどうするか」


「取りあえず、ここは私が食い止めます。すぐに追いつきますので、先に行ってください。何、心配はいりません。すぐに追いつきますので」


「なんでそんなにフラグを建てる!?」


「フラグとは?」


「あー……アレだ、お約束ってやつだ!」


「そうですかね」


 とはいえ、ライアなら負ける気がしないのも確か。

 俺は一つため息をついてから、前を見る。


「じゃあ、俺たちは来た道を通って外へ出よう。スー、子供たちを連れて……って、もう来たぞ!?」


 子供たちをもたもた集めていると、その隙にかすでに五人ほどの盗賊がこちらへやってきていた。


(くそっ……)


 仕方ない、なるべく抜きたくはなかったが。

 俺は懐から銃を引き抜こうとしてライアに止められる。


「早く行ってください」


 ライアがそうつぶやいた瞬間、スッと彼の手が光った。

 ……え? ライアの手が光った?

 俺が驚愕したのもつかの間、さらにその光の輝きが増し……カッ! とビームが飛びだした。

 って、えええええええええええええ!?!?!?!?!?!? か〇はめ波!? 嘘だろ!?

 そのかめは〇波を浴びた盗賊どもは、声を出すことも出来ず、消し飛ばされてしまった。

 ……嘘、だろ?

 俺が唖然としていると、ライアはこちらを見てニコリと笑った。


「ちなみに、私の教えでは今ので師範代です。さらにこの上もありますので、取りあえずユーヤさんには今の域まで到達して欲しいですね」


 できるわけねーだろ……。かめ〇め波だぞ。

 俺はため息を一つつくが、そんな暇はないと思い直し、子供たちを追いたてる。


「では、後から追いつきますので」


「わかった、待ってる」


 俺は子供たちがスーに付いていったのを確認してから、そちらに付いていく。

 後ろで派手なビーム音(どんな超人バトルだよ)が聞こえてくる中、なんとかこそこそと外へ行く道を探しつつ、スー達に追いつく。


「スー、俺が後方を警戒する。お前は子供たちのケアだ」


「……? ケアとは?」


「世話って意味だ」


 だから、少しも英語が通じないのはどうにかしてもらえませんかね。俺しかわからない言語とか、怠すぎる。


「分かったでござ……っ!?」


 スーが曲がり角を曲がろうとした瞬間、顔をゆがめた。

 何事かと思うと、子供たちもパッと安心した顔になる。

 なんだろうと思ってそこを見ると、


「きゃっ、ス、スー君!?」


「レジー!?」


 なんと、連れ去らわれたはずのシスターが。


「無事だったんでござるか!?」


「「「レジー姉ちゃん!」」」


「みんな! スー君! 無事だったんですね!」


 少し涙に目を浮かべて、こちらへと向かってくるシスター。

 目尻に涙を浮かべ、安堵の表情を浮かべているけど……何か、暗いものが宿っている。

 それに、動きも変だ。なんで、一人だけで今ここにいる? 逃げ出してきたにしては、足取りもしっかりしているし、手首や足首にも縄の跡すらない。

 何より――それは、嘘をついている目だ。


「スー、ホントに――」


 シスターがスーに抱き着こうとするので、俺はスーの身体をグイッと引っ張り、引き離す。


「ゆ、ユーヤ殿?」


「何もんだ、テメェ」


 俺は懐からΣを抜いて、銃口をシスターに向ける。


「!?」


「取りあえず、動けなくなってもらうか」


 問答無用でΣを撃ち、足を狙う。


「チッ!」


 シスターになりすましていた誰かは、バックステップで、俺の銃弾を躱した。くそっ、そんじょそこらのチンピラじゃないな。


「スー、子供たちを避難させろ! こいつは俺が殺る!」


「ちょっ、ユーヤ殿!?」


「いいから行け!」


 向こうは、隠し持っていたのであろう二振りの短剣を抜き、側にいた子供たちを斬りつけようとしたので、俺はもう今度は容赦なくヘッドショットを狙う。

 タァン! と銃声と共に弾丸が発射されるが、向こうはぐにょんとブリッジで避ける。お前は荒川静香か。

 バンッ! と子供たちを飛び越え、空中でさらに二発、連射するが、それらも躱される。こいつ、対拳銃にだいぶ慣れてやがるな。


「テメェ、どこのモンだ? ああ? ただのチンピラの動きじゃねえだろ」


 チャキッ、と拳銃を向けながら凄むと、シスターの顔をしてる誰かは、へらりと笑った。


「いやー、声も一緒だと思うんですけどねー。なんでわかっちゃいました?」


「……俺を騙せると思うなよ? 嘘はすぐにわかる。シューヤ以外が俺のことを騙せると思うな」


「嘘なんてついてないんですけどねー」


「どこが」


 また撃とうかとしたら、すぐさま距離を詰められてしまった。

 これはマズいと思い、俺はバックステップで躱しつつ、ボディに蹴りを入れる。


「ぐふっ……!」


「そのまんま、くたばれ」


 身のこなしとは対照的に、そこまで打たれ強くないのか、うずくまってしまった。

 ……殺さないで、情報を抜き取る方がいいだろう。俺は動きを封じるために、足を撃とうとしてΣを敵の足に向けた瞬間、敵の身体が震えていることに気づいた。


「?」


「くふ、くふふ、くふふふふ」


 不気味な笑い方――マズい、と思った俺は、咄嗟に捕獲から殺害に切り替え、何も言わずに引き金を引こうとして、


「私に、触れましたね? くふふ」


 彼女の身体が、突然俺のそれと同じものになった。


「!?」


「ほら、どうだ? これ。俺の能力、まあ変身能力ってところかな」


 口調も、服装も俺にそっくりなやつが現れた。


(マズい――マズいマズいマズい!)


 発言からして、接触がトリガーになるみたいだが、触れた人間を模倣することができるのか。


「ふーん……つーか、凄いな、俺。この記憶」


「は?」


 まさか、仕草や服装、容姿だけじゃなくて――記憶も、読み取れるのか?

 しかも、口調からして、思考パターンとかもコピーできるのかもしれない。


「ああ、俺の能力はな。変身するだけじゃなくて――相手の、記憶とか、癖とか、そのほか諸々、相手のすべてを手に入れられる能力だ。ま、全てを奪う能力と思ってもらってかまわないぜ」


 ヤバい――ヤバすぎる! 出る作品間違えている奴がここにもいる!

 敵は、少し肩をすくめて、短剣を仕舞う。


「……ってか、おいおい、お前、よくこれで正気を保ってられるな。正直、なんで今まで生きていられるのかが不思議だわ」


「黙れ!」


 ダン! と引き金を引くが、まるで俺のように、するりと躱す。

 ――ヤバい、ヤバい、ヤバい!


「一応、ここでお前を殺せば――今度こそ、成り代われるだろうな」


 それが、目的か!

 ってことは、敵国のスパイ……オルレアン王国以外は、あまり考えられないな。


「くらえ!」


 俺の動きとそっくりな動きで、剣で斬りつけてくる。

 しかし、逆に言うなら、俺にそっくりな動きなので、どうくるかは手に取るように分かる。だったら、回避も簡単だ。

 しかし、逆に言うなら敵の方も俺の動きが読めるようで、俺の攻撃が一発も当たらない。近接だから、Σは使わずに戦っているが、ギリギリのところで躱される。


「はっ、慣れない戦い方をしてると、死ぬぜ?」


「はっ、そっちこそ。しゃべりすぎる奴は早死にするぜ?」


 がっ! と敵の刃を受け止めつつ、蹴りと同時にバックステップで距離をとる。

 そして、もう一度Σを敵に向けるが、同時に奴も短剣を投げて――


「「ああもう!」」


 俺と敵の声が重なる。本当に俺のコピーがいるみたいだ。


「こんの、コピー野郎が!」


「あ? わけわかんねえこと言ってんじゃねえ!」


「俺が本物だぞボケが!」


 中距離なら俺の方が有利だ、Σでさらに撃つが、どうにもこうにも決まらない。

 ラクサル――アイツと比べると、ラクサルの方が強いかもしれないが、面倒くささならこっちの方が上だ。

 しかし――確かに、俺の動きをコピーするのはウザい。

 だけど、それよりも不思議なことは。


(――なんで、俺以外の人間にならないんだ?)


 確かに、こいつの能力で俺に成り代わるのが目的かもしれないが――それならば、真っ先に俺を殺すことが目的のはずだ。

 確かに、さっきのシスターよりは動きが、俺の方がましかもしれないが、それでも、他に使い勝手のいい人間はいるだろうし、そうでなくても、自分と戦うなら、引き分けはあっても負ける気はしない。


(直前にコピーした人間の姿かたちにしかなれない?)


 それならば、俺の姿で戦うのは分かる。

 そしてもう一つ。動きはコピーでまかなっているというのならば、さっきのシスターの身のこなしが分からない。シスターのくせに、俺の動きを見切れるくらい鍛えていたということになる。

 しかし、そんな技量は昨日会ったシスターからは感じられなかった。

 だとすると、その動きはシスターのものではなくて、この敵の能力だと思われる。


「「死ね!」」


 俺の撃った弾丸が、敵の真正面から吸い込まれていくが、それを回避して敵がさらに俺の方へ突っ込んでくる。


(そう――この動きも、おかしい)


 敵の動きは、短剣を用いたら、俺が動くであろう動きだ。

 だけど、本来の俺のメインウェポンは、銃。

 こんな動きは、出来ないこともないが、俺の本来の動きじゃない。

 ……そういえば、待てよ?


「Hey, I do not know what my husband is saying. What is happened?」


 俺がテキトーに英語を言うと、敵はきょとんとする。

 これで確定だな。


「なるほど」


 ピタッと動きを止めた俺を怪訝な目で見てくる敵。

 それを見ながら、ニヤニヤと俺はΣに続いて――PIS50を取り出す。


「やれやれ、まんまと騙されたぜ」


「は?」


「お前には負けないな。お前――コピーできるのは姿形だけだな?」


「は? 何言ってんだ。つーか、こぴーってなんだよ。俺の知らない言葉を使って戸惑わせようっても無駄だ――」


「この時点で察しだ。自分の表情って読み取りづらいもんなんだな。一瞬、マジで騙されかけたぜ」


 さて――と俺は、気合を入れ直す。


「やるか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます