第12話 出発

 トントンと階段を下りていく音がする。


「リーナ、俺達も行くか」


「そうですね」


 まだ少し顔が赤いリーナをつれて、食堂的な所にいく。

 そこにはもうすでにレイニー婆さんが座っていて、クラウディアが料理を並べていた。


「悪いな、婆さん。飯まで食わせてもらって」


「本当にありがとうございます」


 俺は飯に口を付ける前に、レイニー婆さんにむかって頭を下げる。


「ついでさ。それに久しぶりに大人数で食べたかったしちょうどいいよ」


「代金はちゃんと払わせてくれ」


「そんな野暮なことすんじゃないよ」


「……そうか」


 支払いを断られたことに少しさびしさを覚えたが、まあしょうがないと割り切って朝ごはんをいただくことにする。


「じゃあ、まあ、いただきます」


 ちなみにメニューはなんかコーンスープっぽいものと、パン。かなり洋風。イメージ通りでちょっと安心。


「美味いな」


「ユーヤ! あんたちゃんとよく噛んで食べるのよ!」


 自分も卓についたクラウディアが、母親のようなことを言ってきた。


「知るか。俺の食いたいように食う」


「じゃあ肉団子汁はなしなのよ」


 クラウディアがスープをさっと取り上げようとするが、俺はそれより一瞬早く皿を持ち上げ、飲み干した。


「ふん、もう食い終わった」


「あー! 信じらんないのよ!」


「静かに食べられないのかい!?」


 レイニー婆さんに怒られてしまった。


「ユーヤ……なんでそんな態度をとるんですか」


「ん? ああ、いやこいつ……なんとなく、からかいやすくてな」


 なんでだろう。見た目が子どもだからか?


「なんなのよー!」


 あ、クラウディアが出て行ってしまった。

 俺は気にせず、自分でよそっておかわりをして食事を続ける。


「それ、作ったのクラウディアだからね。ちゃんとお礼言いなよ」


 レイニー婆さんが言ってきた。ふむ、それならさっきのはからかいすぎたか?


「ほう」


 しばらく食べ進めていると、クラウディアが戻ってきた。どうやら、エプロンを外していただけらしい。


「おう、これお前が作ったんだって?」


「……なんなのよ、不味いんならもう食べなくていいのよ」


「いや、普通に美味いって。いい嫁さんになれるな」


 もっとも、嫁の貰い手がいるかは知らんし、こちらの世界でも「家事は嫁がするモノ」という前時代的な気風が残ってるのなら、の話だが。

 なんてことを考えつつ、俺が何気なく言うと、


「ふぇ? ……」


 ん? なぜ赤くなっている、クラウディア。あと、リーナ? なんで俺の足を踏んでいるんだ?


「お、おい、リーナ?」


 ヤバい、痛い、痛い、痛い痛い痛痛痛痛痛痛痛痛!!

 折れる! 骨が折れる!


「今晩のご飯をもし作れたら、私が作ります。いいですね?」


「? ……あ、ああ。別にかまわんが……いきなりどうした?」


「別に、なんでもありません」


 ……おかしな奴らだ。とりあえず俺の足から足をどけてくれると嬉しいんだが。あと、たぶん晩飯を作るのは無理だろ。調理器具が揃ってる宿屋なんて無いだろうし。

 俺はとりあえずスープとパンを食い終わり、食器を片付ける。


「ああ、そこにおいといてくれ」


「いや、洗い物くらいさせてくれ。飯まで食わせてもらったんだからな」


「ユーヤ、私も手伝いますよ」


 リーナに手伝ってもらいながら、簡単に洗い物をする。

 礼のための家事ってのも悪くない。




「さ、そろそろ行くか。リーナ」


 洗い物も終わり、少し店の開店準備を手伝った後、俺はリーナにそう言った。

 リーナは今、麦わら帽子をかぶっているので、健康的な印象を受ける。ホント、なにしても絵になるよ、美女ってのは。


「生きてたらまた近いうちにくるよ。そん時はまた飯を食わせてくれ」


 レイニー婆さんに改めて礼をする。気のいい人だったな。


「ありがとうございました。このご恩は忘れません」


「いや、いいさ。さ、行っておいで。これは道中食べるといい」


 そう言って、おにぎりをいくつかくれるレイニー婆さん。ありがたい。


「まあ、今度来たら他にもいろいろ料理を作ってあげるのよ」


「ほう、そりゃ楽しみだ」


 クラウディアにも頭を下げ、荷物を肩に担ぐ。


「じゃ、またな」


 俺は最後にそう告げ、『一雲質屋』を後にした。


「あっさりですね」


「別に今生の別れでもないし、お前にとってはどうか知らんが、俺にとっては気のいい店員以上の何者でもない。湿っぽくなる必要はないだろ」


「死ぬかも、しれないんですよ?」


「それは俺が機兵戦で殺られるって意味か?」


 少しムッとしてリーナを睨むが、そんな俺に諭すようにリーナが言う。


「それだけじゃないです。今回の革命のことだけじゃなくても、王族である以上敵は少なからずいるんですから。一緒にいるユーヤも同じです」


「あー……ま、そん時はそん時だ。そんなつまらんことで死なないためにも、とりあえず弾丸売ってる店行こうぜ」


 ムサシに戻る前に、レイニー婆さんに教えてもらった弾丸を買える店に行くことにした。やはり武装は大事だ。

 言われた店に行ってみると、かなり品揃えはよかった。とりあえず俺は9mm弾を、持てるだけ買う。ついでに、PIS50に合う弾も、三十発分買っておいた。 

 店員に声をかけて会計を済ませる。


「なんだい、兄さん。そんなナリで戦争でも行く気かい?」


「なにかと物騒なんだ。女も連れてるんでな、装備は整えておくことに越したことは無い」


「一応、撃っていくかい?」


 そう言って、店員は店の奥を親指で指差す。……あそこに射撃場があるんだろうか。


「いいのか?」


「ああ、もちろん」


 この銃も一度試し撃ちしておきたかったところだ。


「なら、少しだけ」


 店員の好意に甘え、俺はリーナを連れ射撃場に行く。

 レーンは五本、狭いが、店で試し撃ちする分には問題ないだろう。


「当然、買った弾を使ってもらうぜ」


「当たり前だろうな。じゃあ、少し撃とうか」


「ユーヤ、銃なんて使えるんですか?」


「――嗜む程度だ」


 俺はΣP202を片手で構え、引き金を引く。

 パァ……ン

 マンシルエットの頭の的のど真ん中に当たった。


「す、凄い……」


「今ひとつ、だな。まあトリガープルとかも問題ねえ」


 俺は続けざまに二発、三発と放つ。その全てが、マンシルエット、さっき当たった部分と同じ、ど真ん中に命中していく。


「こっちは問題ないな。不発弾もなさそうだ。じゃ、こっちも一応やるか」


 と、PIS50を構え、同じように撃つ。

 ドゴン!


「うおっ」


 反動がヤバイ……こりゃ生半じゃ制御できないな。マンシルエットに当たりはしたが、かなり上の方に行ってしまった。やれやれ。

 何故かジッとリーナが見ているので、やりたいのかと思いΣP202を貸してみる。


「ゆ、ユーヤ。私こんなの撃ったことないです……」


「ん? 銃は習わなかったのか?」


「はい。姉は棒術、私は剣術をメインに満遍なく習ったんですが、銃は……」


 王女様に棒術、剣術仕込んでるのもどうかと思うが……


「姉の棒術はすごくて、私はいつも負けてばかりでした。『棒は剣よりも確実に優れた武器だ』というのが姉の持論で、結局一度も覆せませんでした」


 ……まあ、リーチの差もあるし、戦国時代も結局戦で一番強かったのは槍だと聞く。その持論は間違っては無いと思うが……刀を操るムサシに乗る身としては複雑だな。もっとも、本家の宮本武蔵はどんな武器でも使いこなしていたらしいが。


「そうか、まあいい。構えてみろ」


「は、はい」


 と、声をかけてみたが、一向に構える様子が無い。どうやら、本当に知らないらしい。

 しょうがないから、俺はリーナに構え方を教えてみる。


「まず腕はこうだろ? そんで足はそのくらい開いて……ああ、もう。手はこうだよ」


 埒があかないので、俺は後ろからリーナの手をそっと包み込む。


「ひゃうっ!」


「ほら、それでよく狙って」


「は、はい」


「よし、撃て」


 パァン!

 若干中心からはずれたが、マンシルエットには当たった。まあまあ、かな。


「あ、当たりました!」


「そりゃそうだろ。まあ、初めてにしちゃ上出来だ」


 と、俺がリーナの手から手を離したところで、店主が様子を見に来た。


「おおう? 嬢ちゃん、なかなかいい腕じゃねえか。まぐれだろうが、一発ど真ん中に当てるとは」


 一発? いや、それは既に同じ場所に撃ったから一発どころじゃないんだが。


「いえ、これは私ではなくてユーヤが当てたんですよ」


 リーナが言うと、店主は俺の方を見て、


「へぇ。その年でまぐれとはいえど真ん中に当てるとはな……鍛えればいい腕になるぜ」


 と、心底感心したような声を出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます